カタハネ

はじめに

ココやばすぎです。本当にありがとうございました

シナリオ

いまいち全体像が掴みにくい(悪い意味で)

偶像劇とか言っているけど結局の所いったい何なのか?というのが全然分からなく、単に愚行である複数主人公視点がやりたかっただけのマイナス要素かすらもよく分からない。

こんなのエロゲでやる必要があるのか?と思わざるを得ないような雰囲気が終始つきまとってる。

んー悪くないけどどんどんプレイ欲が下がってくる。明らかに複数主人公視点っぽくなってるからなのと、基本的に眠くなるシナリオっぽいし・・。話自体(設定)悪くないんだけど。話の展開が遅すぎるのか?

ココだけがよりどころだな・・ココやばすぎ、はー

一人かくれんぼせつなすぎ

ひどくどっちつかずの状態で、基本的に話が最高に面白かったらキャラの力を借りなくてもいけるんだろうけど、明らかにそんなすごいキャラはいないし、話自体も普通にやってりゃそれなりに面白いんだけど、こうも話だけに特化されてると話の粗ばかりが強調されてつまらないことが露呈して眠くなることが妨げられないという状況に陥る。

定期的にエロでも入れば別だが、なんの脈略もなく18禁止版パンチラみたいな描写がチラチラはいるだけで、終盤までエロ皆無といった状況だ。

もうハッキリ言って、ココの大冒険!ってタイトルにしてココだけ出てればいいよ・・。もちろんエロ無しでもいいよ DSかなんかで勝手にやっててください

何かに似てるとおもったらSWAN SONGに似てたのか。ココの位置という構図だけね

真性のレズプレイがあるわけだが、導入の仕方が面白い。なんか前触れもなく所かまわず突然始まるから

音声

全体的にはレベルは高い方だと思うが

ココのせいでみんなカスみたいに見えてくる

BGM

かなり良いんだが、このシナリオにこの音楽じゃ眠気が加速するので可哀想。

我欲

話の展開というか雰囲気に、エロのエの字も無いんだよな・・。

ただ、絵がうまいんだよね。ちょっとヘタかな?みたいなのもあるけど、大概すごいうまい絵だと思う。破綻が少ないというか

芸術的な微乳を味わえる

システム

UIも相当いいし、プログラムも相当安定感がある印象。

スキップは結構使われるんだが、速度もかなり速いし文句もない。

驚くのはフォントを埋め込んでるような事だ。これは地味だがあまりない芸当で可能性を感じざるを得ない。この方法がエロゲ業界に広がればMSの標準フォントがデフォルトという状況から解放されるに違いない。

最後までやる価値があるか

至難の業であると言わざるを得ない。

ココまたーり&眠気攻撃&エロ無しに耐えた後はそれなりの感動場面の山場に出会えますのでがんばれるならどうぞ・・

メーカー作品中の位置・評価

各レベルは非常に高い仕上がりになっている物のシナリオの眠さあたりでかなり減点が来ている。

それにエロ薄ならまだしもほぼ主人公が女の真性レズゲーを微妙に隠しているあたりがずるいとは思う。

この眠さというのは非常に厄介で詳しくは省くが、エロゲーそのもののプレイ欲を根こそぎ持って行かれるというのがある。手早く放棄できればそういう障害も薄いだろうが、基本的には全部プレイするという縛りを持っている物にとっては、エロゲープレイを引退する引き金をかなり強く意識させるという代物だ。業界全体にとって非常にマイナスになり得るので意識してもらいたい。

特徴

相当眠いシナリオであることは間違いないが、そのなかでもいい部分というのがあって、うまくシナリオの構成が練られていれば、そう(眠く)はならなかったとおもうことが残念だ。

今回の「カタハネ」では、「プレーヤー=主人公」という概念を捨て、新しく「群像劇」という表現手法を採用しました。などと紹介されているが

姫と女の人形がレズプレイに走るというのがメインの話なので、「プレーヤー=主人公」という前提が不可能になったと言うだけの話なわけです。

しかもクセが特別に強く、ゲーム紹介欄でレズゲームだなんて言っちゃったら誰も買わなくなるのが目に見えてるためにこういったことになったんだと思う。

それにクロハネ編でシロハネのキャラは見た目が似てるというので誤解するかもしれないが子孫つながりとかそういうことはない。

メーカー
Tarte(タルト)
発売日
2007/01/26
プレイ時間
6日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+30絵シナリオ音と総合的にはすごくレベルが高いと言える
-20しかしいかんともしがたいレベルの眠気が襲ってくる内容になっている
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像カタハネ

サイトでレビューした Tarte(タルト) 作品一覧

カタハネ

見終わったら別の次のレビューに送ります

チアフル!」です。

潮風の消える海に