CARNIVAL

はじめに

設定は良い感じ。が、多少くささは不安感じた。

シナリオ

前半というか1周目(シナリオ1)は、まあ、お約束の選択肢が登場するが2・3と選択肢がほぼ無くなる。選択肢に関しては、まあいろいろあるだろうが、私自身は無くなってもかまわないし積極的に無くなってしまってください派なので、少ないことは良い。むしろ中途半端に無くなってないというのが多少いらだちもあるが、選択肢のない一直線シナリオを嫌う人間がいると言うことは知っているので、まあ、その辺の配慮と言うことで、理解できなくもない。

意外というかダークっぽく展開していくが、ずーとダークで進んでいかなくて、軽く浮遊感もある。というかダーク面は意外に隠蔽されていると言う感じもする。それは良いという意味で。

理沙と泉だけで後は完全脇という感じである。一応メンツをそろえて、製品として・・・配慮したと言う感じも捨てきれない。

END自体は泉の方が面白い。END自体はつまらないがそれに至る経緯が多少面白い理沙。という棲み分けがある気もする。

臭いエロゲ調、予定調和があまりなく、例・幼なじみが朝起こし・・・など、ちゃかしてエロゲ必須条件であることをゲーム中に発言しつつ一応幼なじみが朝起こし的雰囲気を挿入するという事も一切しないというのは良いことだ。雰囲気が損なわれるし、低俗になり吐き気を催す。と言うことはなかった。のが実に良い。

また、それとも関連して、「比較的」過度な説明がなかったのも良い、いきなり事が始まる(殺傷など)のもいい。爽快感というかそういう感じが。全然関係ない話かもしれないが、月姫みたいにアルクが速攻殺されるという感じが、話に引き込むのに適しているなーと考えていたから、このゲームに関してはそういうのは多少感じつつも、はやりどこか中途半端だなと思ったが路線はそこかもしれない。

性描写が無かった??が近親相姦っぽい展開が裏であったし、もう完全黒のロリが性交という感じも合ったように記憶している。まあ、事情はあるだろうが、はやり絵がないとエロゲとしてというか迫力というか表現というかそういうのにかけるなと思った。

理沙と泉しかまともなENDは無かったが、志村については、あるべきだろうと思った。制作で何らかの不具合があって作れなかったという感じもしないでもない。でも、まあ、なんとなくまとまってるから、そこまでは思わなかった。

結局は、最後までやると全部わかるし、一応伏線も消化している。そういう感じで満足感というかそういうのはある。

音声

声優というか、総じてダメだと思った。かなり良く聞く声の声優などはマイナスしかならないし、大して良いともおもわなかった。

BGM

一応ボリュームを下げることは出来るようだが、0と1の三分の一ぐらいの音量がよかったんだが、出来なかったので、かなりまれなことがだBGMを切った。

切ったが、まあ、たいしたことはないが、明らかにひどいという物もないし、うるさいと感じなかったら付けていただろうが、BGM自体の質は良いとは思わなかっただろう。

我欲

5割はエロで出来ているっぽいし、シチュエーションも結構凝っているような気がするというか、話の本筋にあっているし、まあいいと思うが。

変なみこ服とかそういう系がわざわざ挿入されて雰囲気がこわされていないというのが良いのかもしれない。

システム

そこまで困ったことはなかった。クイックセーブ、ロードは役に立った。

最後までやる価値があるか

いわゆる一直線シナリオで、面倒くさいことはない。バットも見なければならないというかCG回収のために立ち寄るワケだが、すごく簡単でいい。最後までやること自体はとても簡単でいい。

一番最後の最後は別に面白いことはなかったが、一応全部やると思わせぶりに言われていたことがなんだったかわかる。

簡単だし、時間も掛からないので最後までやろうという気にはなる。

特徴

鬱ゲーになるのか、そんな感じはしなかったが、でも最後は結構きれいにじゃないが丸く収まる。

シナリオもそれなりに楽しめるが、やっぱり抜き重視かもしれないな、雰囲気が良い感じで。

まあ、意外に世界が狭かったというのが、ちょっとダメかな。

でもまあ、おもしろいちゃー面白い部類。

メーカー
S.M.L
発売日
2004/05/14
プレイ時間
1日
CD
入れずにプレイ不可能
BGM
CDオーディオではない
スキップ
選択肢後自動スキップあり
既読あり
アンインストール
CDのアンインストーラを利用しないとアンインストールできない
バックグラウンドでの動作
CPU利用率100%ではない

サイトでレビューした S.M.L 作品一覧

CARNIVAL

見終わったら別の次のレビューに送ります

3-days Marriage ~光源氏の恋人~」です。

KISS×300 こんな世界