はるのあしおと

はじめに

ぱっとみプレイ前は、絵柄が多少違和感があったが、実際プレイしてみたらそうでもなかった。

シナリオ

教師という位置だが、基本的には、そこらのエロゲのように、生徒の視点とみたいなのと比較してもそう変わらない。まあ、ほぼ学園物テンプレートだとおもっても過言ではない。

面白いので、先を読みたい。読みたくなる。と言った類の物はほとんど無い。かといってシナリオが悲惨というワケでもないのではあるが、結構痛い点。

和のシナリオは山なし谷なしで笑いもない、しかも微妙に長いし。消極的だが(最低最悪は免れるという意味では)評価点は眼鏡っこ、というくそキャラではなかったぐらい。だが、ただそれだけで、くそはくそ。というかキャラ自体というより、ゲーム自体にくその雰囲気が漂い始めた。

ゆずきは、全体的にいい。不思議をまとっているがそれもいい。べた惚れというか、その辺は最高とはいかないものの結構よかった。ただ、両親(金持ち)関連が話にかなり多くでていた割には、割愛されているというか・・でてこない。

音声

結構キャラにあった声で結果的にはよかったかなとは思える具合だった。

まあ、こんな具合に微妙な言い回しになるのは、かなり癖の強い声優というか声が多いからだ。

BGM

ふつう。聞き流す程度。

我欲

基本的な絵の趣味には合わない部分も大きいが、いいなとおもう、うまい絵もあったりする。しかしながら、総じてエロシーンが気持ち悪くなる事もあったりして、とても引く。

関係はないが、脇役の絵に結構惹かれる部分もある。立ち絵ぐらいしかないが。

システム

別に悪くはない。が妙にエフェクトが掛かってる間がいいのもあるけど、基本的に長い。スキップは可能だけど2回押すという手間があるためにストレス自体は変わらないとは言えないが、ほとんど軽減されない。

また、プロテクトがクソでインストール時に妙なことをやっているようで、何度も失敗して、ネットに情報を探し歩かなければならない自体になった。後一歩のところで、窓から投げ捨てるところだったが、運良くインストールが起動で来たのでプレイをしてみる。

総合的に見ると、システムはクソとしか言いようがない。

最後までやる価値があるか

謎が解明するというわけじゃないが、各キャラほかのシナリオとはあまり関連しないので、独立している。

正直全部やるのは、飽きるきもしたが、やってみても、あーなんだという感じで終わるのみ。

やってもいいとは思うが、最後までやったという満足感以外には大して得られないと思う。

しかし、これは結構厳しめにいっているので、そんなに全体としては悪くなかったのだけど、飽きる部分が多すぎた感じがする。

メーカー作品中の位置・評価

このメーカーは初めてやったと思う。メーカーの評価があがったわけじゃない。

ただ、さんざんプロテクト関連で苦労したので、印象は最悪。

ということで、印象が悪くなった・・という事。

特徴

挿入のOPムービー(一個のみ)とEDムービー(キャラ毎にまったくの別バージョンあり)が凝っている。デカイムービーファイル(movie-hiフォルダ、高画質という位置の1.5G程度?)があったが、OPだけをみたら何が高画質かさっぱりだった(圧縮率的に)けど、キャラ毎にEDにあるとなれば話しは別だという結論に。

悪くはないが、ちょっと絵の感じが趣味と合わない感じがして、それが随所で響いている感じがした。

メーカー
minori
発売日
2004/07/23
プレイ時間
5日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
50
攻略参考
http://www.foolmaker.net/

サイトでレビューした minori 作品一覧

ef - the first tale

はるのあしおと

見終わったら別の次のレビューに送ります

まじれす!!~お待たせリトルウイング~」です。

瀬里奈