潮風の消える海に

はじめに

正直もうちょい期待していた。エロとシナリオは完璧だが音楽は流用だし話も短いて感じになると思っていたが・・。

シナリオ

複数主人公の臭いがするけど、その前段階で一人を攻略し終えてゲーム自体が終了するから、そういう意味では複数主人公では無かった。

セイリングやってる人は属性効果出るだろうなと予想。結構踏み込んでいろいろ専門的なこといってるような気もする。

くどくなくさらっと言うだけにとどまっているから不満足な感じもするかもしれないけど、点で知らないという人でもそういう意味ではいいんじゃないかと。

音声

まま良くある声優だがそれなりに盛り上がる。

音声圧縮しすぎOR音割れで気分は萎える

BGM

歌詞付きは新規だが

BGMは同社のどっかのゲームの流用

歌詞付きはいつもの芸風でいつもの人がうたってるけど、群青あたりよりは出来が下かなと。

それでも音楽買いが有り得ないわけじゃないしそれでもいいんじゃないかと

我欲

純愛系ジャンルのちゃんとしたエロテキストを久々に拝んだ気がする。

システム

結構斬新なエフェクトを搭載しており、フェードアウト系のオナニーとは違い背景が微妙にアニメーションしているというやつで、まあこのまま言葉だけで説明するとしょぼそうだけど、実際は海とかかなりマッチしていていい雰囲気を出すことに成功している。

最後までやる価値があるか

綺麗さっぱり一本道でボリュームもそれなり。

話自体面白いので放棄することはないかと

メーカー作品中の位置・評価

開発をなるべく簡易にと考えられて作られたっぽいが、さすがに登場人物が二人でそのうち一人だけが攻略というのは恐れ入ったというか・・。

シナリオもそれなりに面白いものを持ってきており、一種ファンディスク的なボリュームと捉えればメーカーの品位も落とさずに済むのではないかと

まあ要するに次の作品期待してますよという事なわけで次しくじったらゆるしませんよという事である。

特徴

ややこしい選択肢も一切無いし、シナリオも短いので気軽に手にとって速攻始めてその日に終わらせるというプレイがいいかな?

過度な期待は無用だが、相応には満足するというゲーム。

メーカー
light
発売日
2007/01/26
プレイ時間
1日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
80
+10そこそこ全体がうまくまとまってる選択肢無しは英断かと
-20まさか一人しか攻略できないとは思わなかった
攻略参考
参考画像潮風の消える海に

見終わったら別の次のレビューに送ります

カタハネ」です。

えむぴぃ