Dies irae -Acta est Fabula-

はじめに

長い、あと14歳みたいな単語が多すぎて聞く気にならない。

劣等

参考画像Dies irae -Acta est Fabula-

Dies irae -Acta est Fabula-のシナリオ

パラダイス・ロストはこのレビューサイトでもかなり高評価だがやっと修正された完全版の次回作ができたということでプレイすることになった。

パラダイス・ロストでも「劣等」を連呼しててそれらを思い出すように懐かしくなった。劣等いいね。使い方の問題だと思うけど何故か文字列で見るとたいしたことがないように見える劣等だがゲームで喋ってると相当いい感じになる。劣等ゲーのはじまりだ!

上条さんがいる

さすがに周回だとか既知だとかゲーム中で連呼していて、それらに対応してるかのごとく言ってるようにも聞こえるが、やっぱ結構最後というか3回目(キャラ目)ぐらいで既知感が厳しくなってきて飽きてくる。

音声

劣等

BGM

かなり歌がいっぱいあるし品質も高い。

我欲

こちらは考えないほうが無難だろう。一応あるが期待を上回れるというものではない。

1・2個あって無難なものが流れる程度。

ヒロイン以外は陵辱か

システム

フルスクリーンシステムは最新型で。まあそれぐらいでほかは水準を満たしているので困ることはないだろう。

最後までやる価値があるか

結構厳しい。

まるで同じ展開が、文字違いとはいえ流れが同じだから結局飽きてくるのは間違いない。

それでも大作系である意味ループものではマシな方。

メーカー作品中の位置・評価

ロスパラを作ったことはあって、はやりいいものを作るという感はある。

Dies irae -Acta est Fabula-の特徴

長い、あと14歳みたいな単語が多すぎて聞く気にならない。

エロの方面では期待できず、出てくる女キャラが全員が攻略キャラではない。

悪くはないんだが、普通このレベルだと終わってほしくないという感情に対して、相応の長さのシナリオが用意されてて、そこでもまた満足考えられるというFateとかAIR・・まあもろもろ終わりかけて次々展開していくわけだが、また楽しめるというような感じでうれしくなるが、このゲームでは若干飽きが入ってくる。あれ?もうよくね?みたいな

話が綺麗に終わってる。説明不足感というか、途中であれ?どうしてこうなった?みたいな感じを受けることはあるが、それでも最後は終わりきる感じが受けられて良い。

digipeアイコンプレイ時間: 15日
そのゲームを消化するのにかかった時間のこと
digipeアイコンベースポイント(ゲームの潜在能力)
85
digipeアイコンプラスポイント
+10全体的に高水準でシナリオもいい
digipeアイコンマイナスポイント
-15繰り返しプレイで結構な飽きがくる。鉄板ヒロインキャラがいるわけじゃない。
digipeアイコントータルポイント(最終的な評価)
80

見終わったら別の次のレビューに送ります

ランス・クエスト」です。

ナツユメナギサ