FESTA

はじめに

絵がいいな。このメーカーは良い絵師を拾いましたね。

シナリオ

笑いを取ろうと努力している姿が見受けられる。

いろいろなところからパクって(EVAとか?)パロってる。ことこと煮込んだ生命のスープってどこだっけ。

性格が、典型エロゲ主人公とはちょっと外れてるところが案外良い。

ただ、ギャグやっていてもこっちとあっちの温度差が結構あったりもして笑えない所も多々あるが、がばってんな・・とか思って同情したりもして・・。

どこまで貧乏か知らんが、携帯は普通に使ってるんだな。しかも喫茶店に結構な頻度で行ってるようじゃないか・・。

なんか一部の立ち絵が縦に潰れているように見える。気持ち悪い

立ち絵はすごいけど、普通のCGだと2ランクぐらいダウンしてるのが多い。

ワサビ仮面笑った。

ビールの下りでエロゲ典型展開が発動しない珍しい作品だな。酔っぱらって微エロとか、酒は飲めないからとか。

「在りし日の歌」って何をしたんだ

しかし、まずいレベルでつまらない。ここまでとは思わなかったが、というか前作もあって期待感が結構高かったからあれだが、とりあえず通常会話はクソまみれですよ。

琴子は小説ネタおなにばっかりじゃないですか・・。いったいどうなっちゃってるんですか・・琴子シナリオはマジで悲惨だな・・しかも最後に証明は失敗したって・・どんな落ちだよwなんにもならんことをいちいちいってもしょうがないだろ

そもそも恋水にしたって最初の最初のペロペロで面白いのは打ち止めで後はなんかだるい演劇とか始まってそのまま平坦に進んでいくのみという・・。

クソ、ゴミシナリオを書いている人間の分担分を消化していかないとマトモナシナリオにありつけないのか。

ゴミシナリオ 恋水>琴子

ちょこちょこ前作が絡んできますね。

2chひかえめにしてるんだとおもったら「ぬるぽ」とか言い出しちゃいましたよw

意外に登場人物がリアルというか、琴子は天才の片鱗を見せてる割には字が汚いとか言われてたり、恋水は親父がリストラされてたりして・・美香なんかは欲望丸出しで生徒の成果に乗っかろうとしてるし。

巫女もどき

主人公の日常があった。珍しい。おな禁でも無いのに、エロゲ主人公はほとんどやらないし、普通の日常生活とは乖離しているのがデフォルトなのだが、おまけみたいな位置で主人公の日常が描かれてはいる。ちなみに別にあるだけで面白い訳じゃない。しかも本編の流れから外れて隔離されてる感が強いし・・。

峨嵋刺なんて言葉解説も無しに使うなよ・・

面白げに会話してるけど・・全部滑ってるんだろうなあ・・何でこんなことになっちゃったんだろう・・もう・・いいよ・・。

心の声が聞こえるとか、そういうゲームにしたほうが面白そう。というかそのショートストーリーが一番面白かった。

音声

たぶん声は良いんだろうけど、シナリオに引きずられてどんどんうざくなってくる。はずだが、結構瀬戸際でうざくはあるけど何となくやっていけてるぐらいの印象は保っている。

その他の内容が良かったら、手放しで声もシナリオも良かった!とか言えるんだけど、残念ながら一蓮托生でどっちもダメという評価を受けてもらわなければならない。シナリオと声は一蓮托生

BGM

EDの歌がトンでもない音痴。

我欲

意外にきっちりエロゲしているというか攻略対象は多め。

奈々子は量が最後の最後でドバドバくるんだけど、もうそんな一度に大量にいらねえからと思ってどんどんスキップしちゃった。絵も服着ている所以外あんまり見所無かったし。今までがだるだるだったので全体的にもう限界だった。

システム

なんか何年も前の3daysよりシステムが退化している気がするんだが

パッドは使えなくなったし、フルスクリーンのショートカットも使えないし、エフェクトは切れないし、バックグラウンドに回すと音声BGMがストップしたり、次へ送るで音声を止めないも無くなってる。

オートが結構きっちり出来てるんだけど、裏に回して他の作業しながらオートで送るってのが、音声とまるからできねえ。

しかし、エフェクトが切れないのがかなり痛い。微妙にジャマ系のエフェクトが多いし

最大にいたいのは、バックグラウンドに回したときに音声が止まるのが痛すぎる。つまらないところが多いからオートで放置して作業しながらプレイしたいのに、音が止まっちゃってねえ。

最後までやる価値があるか

やはり、序盤中盤のメインキャラ攻略はクソつまらないが、奈々子シナリオはある程度面白くはある。

複数(3人?)のシナリオ担当が存在しているから、たぶん2人はクソで1人が良い感じの人なのだろう。

実際序盤中盤はプレイを中断する事になったとしてもおかしくはない。というか、プレイを中断したとしても不思議はない状態にまでつまらなさが加速してそういう状況だった。ただ

奈々子のシナリオで挽回の可能性が多少残されていたのが幸いして辛うじてそこまでたどり着いたという印象だ。

もう、こんなだったら、奈々子だけのゲームにしたら良かったと思う。あとのキャラは抜き目的と化してそういうキャラに仕立てればいい。ここまで序盤中盤がつまらないなら作品レベルからいってもそれ以上は望まない。だから、奈々子以外のキャラを形骸化させて奈々子だけに関するシナリオだけを煮詰めてテンションを維持してほしかった。

そうしたら評価は結構変わったと思う。

メーカー作品中の位置・評価

雰囲気的にはタイプムーンの世界観というか、メーカーの出す作品全部に何らかの形で関わりがあるという感じで統一されている。しかしその統一(関わり)のレベル自体はもう平行世界とかいっちゃってめちゃくちゃでどうでも良くなってない?みたいな雰囲気があったりしてもったいないやり方で壊しているような気もする。

そのへんもうちょっとうまく演出出来たらいいとは思うんだけどねえ・・。

特徴

ぺろぺろぐらい

なにかあるのか?なにかあるのか?とずっと焦らしているっぽくて結局は何もないというすごさ。

無声で合間合間に入るナレーションが(1行)結構ツボだったりする。

最初の期待が大きすぎて、プレイしてみたら実際はクソゲーだったから、それに対するショックで良いとこ探しみたいになってきた。実際はクソゲーです。実際はクソゲーです。

ギャグみたいなのが終始入るんですが、そのほとんどがすごくつまらなくて、しかも合間合間になんだかおなに見たいな知識自慢が挿入されたりとやりたい放題な感じになってる(悪い意味)

境界線とかいう面白げな設定の割には、生かし切れていないのかいるのかは判断が難しい部分もあるけど、あんまり面白いとは言えず・・というか本筋から脱線する話がものすごいつまらなくて、つまらないのに引きずられている感はある。

奈々子攻略までは我慢我慢奈々子のシナリオが恐ろしく良いんだろうなーとかいう妄想でここまでプレイしてきたんだ見たいな空気。

というか、単なる学園物なんだよね基本が・・。タダでさえ多様な物がある学園物じゃ分が悪いのに・・。

悪く書いている文が多いけど、実際悪いんだけど、全体としては整っている感じで何でこんなに悪くなっちゃったのか不思議な感じも多少しているんだけどね。整ってはいるだけどつまらない。

メーカー
Lass
発売日
2005/12/16
プレイ時間
9日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
90
+20落ちというか終盤奈々子は良くできていたと思う
-10ジャマでしかないエフェクトが結構ある割にエフェクトが切れない
-50奈々子以外のシナリオが悲惨なほどつまらない
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像FESTA

サイトでレビューした Lass 作品一覧

FESTA

3days~満ちてゆく刻の彼方で~

青と蒼のしずく

見終わったら別の次のレビューに送ります

KISS×400」です。

夜刀姫斬鬼行