妖精さんといっしょ

はじめに

前回のレビューがちょっと良作だったので、結構辛口かも。

シナリオ

シナリオは短めで、結構ありきたりな話しかない。シナリオがそんな品質なので、比較的抜きゲー色が強くなります。

全体的に話が軽い。登場人物も少ないし、3人以外の人間がしゃべることもない。

音声

問題ないレベル。ネガティブ要素もない。が、ほめるところも基本的にはないかな?ま、普通のレベルを維持できているという意味では、ほめられるかもしれないが。

BGM

正直、このゲーム全体のレベルからは想像できないようなレベルの歌詞付きが採用されていた。歌詞付きには劣るがBGMもなかなかのレベル。

我欲

目立って我欲という感じのものでもない。純愛系につけられるようなノーマルな物以外はない。

また、キスに関してちょっとこだわりがあるのか多少エロくなっている。

シナリオのボリュームや質を見てはかってしまうと、抜きゲーのように感じられるが、抜きゲーといえるほどの何かがある訳じゃない。

システム

近年まれに見る操作性の悪さやスキップ速度の遅さ、その他モロモロの問題がある。一応不具合は無いが、機能面での不備は恐ろしく目立つし操作性も悪いし設定項目もほとんど無い(支障が出るぐらい)

ただ、最低の最低要素は満たされているので、プレイ自体には支障がない。目立った不具合もない。

最後までやる価値があるか

シナリオが短いので特に気にすることでもない。無駄な攻略キャラが出てくることも複雑な選択肢もないから、特に問題は発生しない。

しかし、あまりにもシナリオが薄いためにスキップを多用することになりうる。

メーカー作品中の位置・評価

絵はよかったが、シナリオの薄さとシステム面で大きな不安を感じざるを得ない。

特徴

シナリオの薄さは絶望的で、特に抜きゲーでもないのに抜きゲー評価になってしまうぐらい薄い。だが、意外にもその薄さで読む価値がないOR予測が完璧に可能なためにほぼスキップだけでもプレイできるような感じもするのでそんな軽さが意外に良かったりするのかもしれない。しかし、抜きゲーでもない以上ちょっと困るわけだ。

このゲームは3人しか出ないが、このゲームの質から考えれば多すぎだろうと思う。水奏シナリオだけに特化して、もうちょっとどうにかした方が良かった。まあ、売り上げにどうひびくかはしらないが・・。

ファンタジー全開のタイトルのわりには、ファンタジーっぽくはない。水奏が妖精ってぐらいで、妖精ってことに極端に反応するやつもいないし問題も起きない。妖精の世界にもいかないし、まあ、なんつーかむなしい。妖精を強調するようなタイトルを付けるまでもない妖精要素なゲーム。

メーカー
ワラビーHOUSE
発売日
2005/11/25
プレイ時間
2日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
60
+10絵の質はいい。だがシチュエーション要素は皆無
+5このゲームのレベルにあわない歌詞付きの歌
+5おまけのハーレム
-20シナリオの短さや薄さや質が致命的
攻略参考
http://gamerssquare.fc2web.com/

サイトでレビューした ワラビーHOUSE 作品一覧

妖精さんといっしょ

見終わったら別の次のレビューに送ります

車輪の国、向日葵の少女」です。

ひめしょ!