水仙花

はじめに

ここまで、いわゆる作者オナニーを感じられる物も私がやってきた中でも珍しい。

シナリオ

なんだか、さっぱり分からない。抜きゲーをやっているようで、シナリオを見せたいのもある的な表現。だが、抜きゲーで、シナリオ自体なにやってるんだか全く分からない。

ただ、脅かしをしたいというのはあるようだ。根本的に、メインヒロインみたいなのが、ちんぽを持っている。それで、アナル的な。ホモゲー?の様相を呈してきて、なんかそれを実際はそうじゃない(実は女じゃないのか?みたいな)んだよーみたいな雰囲気を醸し出してるんだが、実際は男とやるホモゲー。

そして、その合間合間に、シナリオオナニーを見せられ続ける。(訳の分からないシナリオというか会話が続きまくる。半分以上は訳が分からない)一本もゲームに芯が通ってないというか、やりたいことがないというか・・。こいつを助けてどうこうとか、目標とか何もない。性欲があって、そういう事を積極的に行っているわけでもない。だから、行動原理がないから、訳が分からない。しかも、キャラが、なんかほのめかしたりして、最後の最後でなんかありますよーてきな宣伝はしている。なんかあるよーあるよーとか言っているだけで、シナリオが全く見えない。ただ、なんか時々セックルして、ホモがなんかしてますよみたいなのとか、訳の分からない主人公の苦悩(そんなに何を悩むのかは途中では教えられない)だとか、ただ、そんなのを見せられる。

だから、中盤までクソつまらない。こんなにスキップするのは、そうそうない。そのくらい既読以外にスキップしまくっている。まったく話が進んでいるようには見えない。なにかをほのめかしているキャラはいるのだが、なにをいっているかは訳が分からない。ように出来ていると思う。

あのマップ?の8割は序盤に相当するものだと思った。

劇場版EVAに似た展開だ。

8割が偽のエロゲーで出来ていて、残り2割が本編。シナリオは有ってないような物というと語弊がある。エロゲー(物語)そのものの作りについての感想というかそういうのが永遠とつづられている。

異色であり、2割の部分は結構おもしろかった。

ある種のノンフィクション??

音声

まあ普通。御門はがんばっているなーという感じ。

BGM

結構綺麗に出来ていると思う。気に入る度合いは結構薄いけど。1曲は良い感じのはあった。綺麗に出来ていると思うが、なぜかあまり気に入る物が少ないという不思議な印象。

我欲

エロゲーの部分が偽で出来ているので、虚構にまみれていて、シナリオに一切絡んでいないエロシーン集を見せられているような物だった。文章自体で話してもなかなか伝わらないが・・シナリオと絡んでエロがおもしろくなるという期待はできないという事は間違いない。

システム

マップにある全シナリオの中から任意に選択して駒を進めていくという結構変わった物。しかし、最初は当たり障りのない部分しか選択できないようになっていて、順番に読むごとに選択禁止が解除されてシナリオが解放されるという具合だ。

マップのシステム自体は、なんか自由度があって・・その絡みでなんかシナリオもからんでいるのかな?とおもっていたが、べつに何のことはなく、マップである必要性はほとんど無い。マップではあるが、ほとんど一本道という感じで、マップだからここが面白かったという部分については何もない。

最後までやる価値があるか

最初の8割の苦痛をスキップを絡めて読み進めていき、残り2割を楽しむという具合なら結構良い感じの物だ。偽のエロゲー部分とここでいっても未プレイの人が見ても分からないと思うが、偽のエロゲー部分が8割で、1割が確信部分1割がまた訳が分からなくなるという具合。

基本的に残り2割をみるために、8割部分を消化しないとならないが、ものすごくつまらないというか、キャラ自体が何をしゃべっているのか一切わからせないため、臭わせキャラがいっぱいいまくって、全員が何をしゃべっているか分からない状態が8割続きます。この何をしゃべっているか分からない状態がうざすぎて面倒になりプレイを放棄する事になるという危険性はかなりあります。

そして残り2割で落ちのような物があり、一応そこまでくれば、マトモナシナリオが走りだすので、一応楽しめます。それでもキャラの発言の6割ぐらいしか理解できないですが・・。

メーカー作品中の位置・評価

やっていること自体は面白いとおもうが、なかなか複雑。プレイヤーをないがしろにしているとかそんな理由じゃなくて、作りとして飽きてくる部分がかなり多い。

偽エロゲー部分自体ももっと馬鹿にした学園物にしておいていたらもうちょっと皮肉ったことになったものとおもう。絵自体もかなり特殊というか・・館系でこのような語りをするのは失敗だったんじゃないかという感じがしないでもない。

普通の学園物で絵も流行っぽい絵柄の物が採用されていたら、かなりキツイものになったように思う。そうじゃなくて良かった感もあったりする。

特徴

この作品は、殻を被った別物という感じのもの。話の8割は、館ものっぽい雰囲気でキャラが訳の分からない事をずっと言い続けるという具合でずっと続きます、後2割でまともなシナリオが発生します。

そんで、メインのメインでホモが絡んできます。

メーカー
FLADY
発売日
2005/05/27
プレイ時間
1日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+60プレイヤーの位置についての新鮮さ
+30内容の特殊性
+20開発者の勇気に表して
-50エロゲー部分のつまらなさ
-30訳の分からないホモ野郎の筆頭
-10コアエロゲーマー以外には関係のない話かもしれない
攻略参考
なし
参考画像水仙花

サイトでレビューした FLADY 作品一覧

水仙花

見終わったら別の次のレビューに送ります

Gift~ギフト~」です。

英雄×魔王