AYAKASHIアヤカシ

はじめに

はじめにプレイしてみて突然ものすごい棒読み感があったもののその後にある戦闘シーンで圧巻(エロゲ的には)された。

シナリオ

スタートダッシュ(最初の1時間くらい)は良いんだけど、結構中だるみしてくる。このままエロゲーテンプレートに突入するとちょっとやばい。

シナリオ自体はベタ(テレビアニメ調)な物が多い。しかし、ベタな物だが、戦闘シーンというか効果というか、それらの挿入が絶妙なタイミングというよりも、きっちり必要な物を必要な数入れているという印象だ。fateなんかでは明らかにエロゲ界的には水準以上ではあるが演出不足感はテレビアニメなんかと比べればもう少しあってもいい気がする。そんな中アヤカシは、テレビアニメ程度の効果を意識して作られている。そんな感じがしました。

水準以上だがシナリオ自体が、そこまですごいというわけでもなく、全体的な構成がすごい。どのキャラも一定以上の盛りあがりをみせるし、途中の中だるみ感も結構少なめだ。テレビアニメ調でミニEVAみたいだなと感じることも多かったりして、いや、まあそれは楽しめるからどうと言うことでもないんだけど。

シナリオ自体の驚きというか隠してこっから超展開とかそういうことはない。結構地道にスケールもほどほどに終わる。

面白いのは、シュールな内容の割に敵が死ぬとき大爆発!って感じで死ぬのがいい。

陽愛が戦闘の熱さで、エイムが話全体というか彼の謎の解説という感じのシナリオで分かれている。エイム自体はそう熱い戦闘でもなかった。(陽愛ほどは)謎解明が絡んでくると戦闘はそこそこで終わるようだ。手を抜いたという感じがする訳じゃない。

音声

男に音声があったりして、手ぶらで見ることを前提に作ったという印象があったりもする。(テレビ)

あとは特に記載することはなく定番のエロゲ声優しか出ていない。

BGM

音もなかなか良い。歌詞付きも一定水準程度はあるし、BGMも同様。ただすごく良いか?と言われればそうでもない物も多く、なぜかこの作曲者についても将来的にのびるか?といった点についてもこれ以上は望めないという感じを受けた。音を聞いただけで、ものすごい信じられないくらいの先入観である。(まあ、根拠というか、なんかどっかで聞いたことがあるような音が混じっていたという理由だけの気もするがべつにパクリを糾弾するしたいということでもない)

我欲

エロシーンが1回にかたまっている。一見なんか分散したらいいのにと思いがちだが、質自体は分散するほどでもないかもしれないとか思ったりもするぐらいのもの。

ヒロインたちより脇のエロシーンの方がいい感じなのかもしれない。

エロシーンのエイムが極度にロリ化する。

エイムは処女じゃなかったのか?と思えるぐらい処女的描写は薄い。処女確定でも5秒後ぐらいには淫乱的な振る舞いとも思えるぐらいのみだれっぷりを発揮したりして、そしてそれはキャラ全般的にいえる。

そして、信じられないぐらいアンズ(ロリ)の絵だけクオリティが高い。立ち絵もエロも最高品質。

システム

1話2話と進んでいく方式で、その都度OPとEDを挟む典型的な物。そのような方式で、やってはいけないだろうと思われる、各話にあるEDはとばせないという仕様。

全体的にシステムの評価は高いのにつまらないところでマイナスがあったりする。

最後までやる価値があるか

チート表というかシナリオ表があったりして便利で、面倒でゲームプレイを放棄するという選択肢はほとんど無い。また、脇キャラ視点からのシナリオというおまけが各メインキャラの本編クリア後に見られるという感じの物になっている。また、それらの出現もシナリオ表から確認できる。

などと言った便利機能により、最後までしゃぶり尽くすことが可能で、しかもゲーム自体が単調になったりつまらなくなると言うことがほとんど無いので全編を通してそれなりの盛りあがりを楽しむことが出来る。

メーカー作品中の位置・評価

MapleColorsではその評判によりプレイをしたが、いかにせん面倒くさいシステムだったので放棄せざるをえなかった。アヤカシになってほとんどそのようなことはなくなり、逆にゲーム開発能力があって基礎があるのか?ビジュアル面での効果がエロゲ界的にも高水準なものを提供できていた。

メーカーの位置がすべての指標でプラスに向いたという感じの感想を持つ。

特徴

結構キツイグロ画像が多い。

特にそのような目立った描写はない(売りではない?)がロリ支援がものすごい特にアンズの作り込みは作品中でも別格。

ゲームのスケール自体は意外にこじんまりしていて、レベルにあった規模(ちょっと言い方があれだが、シナリオ作者のレベル)以上には広げないという感じを受けた。狭いというわけじゃなく、学園OR自宅をはみ出さないスケールよりはマシという感じのもので、この程度はどのエロゲも達してほしいというレベルの物だが、現実にはこのぐらいのスケールだとエロゲ界的には高品質と言うことになっている。

メーカー
CROSSNET
発売日
2005/10/28
プレイ時間
4日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
80
+10演出ビジュアル面
+10熱い戦い的な物
-10期待されたスケール大きさ
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像AYAKASHIアヤカシ

サイトでレビューした CROSSNET 作品一覧

AYAKASHI H

AYAKASHIアヤカシ

Maple Colors

見終わったら別の次のレビューに送ります

Fate / hollow ataraxia」です。

Natural Another One 2nd