黒の歌姫

はじめに

よもやここまで普通の抜きゲーだとは思わなかった。

シナリオ

ほとんど完全な抜きゲーでひっきりなしにエロがある。ランスみたいな性格でそこら辺が良いがガンガン寝取ら(調教)れまくるのが温くない調教ゲームといったところ。

歌とかOPムービーとか力の入れようが、半端じゃないから単なる抜きゲーじゃない確率は高いと思っていたんだけど、単なる抜きゲーでした。なんでこんなに変なところに力入れまくって誤解を招くようなことをしてるんだ・・

音声

目立って良いところはない。

BGM

歌詞付きの物が良質で多くそろっている。一個一個の品質もなかなか。普通のBGMはそれなり

我欲

だいたい、エロしかないと思っていた方がいい。真性陵辱というか他人が(主人公以外の男)介入してきてやられるといったことがキャラを問わずやられるというかこれがメインという節のある雰囲気が漂っています。

システム

問題はない。特に言うこと無し。

最後までやる価値があるか

突然最後の方に、おお!タダの抜きゲーじゃなくてなんかあるのか??と思わせるような節がフィーネ攻略時にあったけど突然伏線を振り切ってタダの抜きゲー路線に急速に戻るという落胆を隠しきれない部分があったりする。

メーカー作品中の位置・評価

これがシナリオもあったら結構良い線いくと思うんだけど、なぜか抜きゲーに終始しているという始末。

特徴

なんか、全体的に復活とか仰々しい割には、淫魔王とかいってちょっと微妙な位置な魔王なのが萎える。

最初は、シナリオもしっかり作って良い作品を目指していたという感じで、開発が進んでいた物の、ライターが逃走したかしらないが不慮の事故でシナリオができなくなって時間切れとなり、急遽抜きゲーとして作り替えられたと言う風な感じに見える。

不自然な力の入ったムービーと歌詞付きの歌。こんなのはタダの抜きゲーにあっても意味無い気がするし歌姫と戦うのは序盤の序盤というかOPだけだしもったいなすぎで不自然。

そんな未完成品みたいな作品だったということはいえる。が、変なところが多くあったが、まあ抜きゲーとして考えるならそれなりにいっていて、攻略も手軽感もあり良いと思うが、いかにせん陵辱関連で人を選ぶような展開が結構というか全部あるのでなかなか展開も大変だろう。

メーカー
CLOCKUP
発売日
2005/10/28
プレイ時間
1日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+10攻略の面倒無し
-10歌とかなんとかあって、ドンパチとかあったりして盛り上げていくんだろうなと思ったら拍子抜け
-10良くある不特定多数の男にやられる系がデフォルトで人を選ぶ
攻略参考
http://gamerssquare.fc2web.com/
参考画像黒の歌姫

サイトでレビューした CLOCKUP 作品一覧

Zwei Worter(ツヴァイ・ウォルター)

おたくまっしぐら

黒の歌姫

見終わったら別の次のレビューに送ります

Natural Another One 2nd」です。

車輪の国、向日葵の少女