あまつみそらに!

はじめに

高品質のよく動く立ち絵の動きとイベント絵を鑑賞するゲーム

参考画像あまつみそらに!

あまつみそらに!のシナリオ

エンディング後も少し話があるのだが、基本明日とかしあさってレベルの超短期間の話しかついてない。意外とシナリオには重点が置かれてはいない。

がっつりファンタジーのものとトラウマ乗り越え系学園ものを2つ足したような出来栄えでどっちつかずの状態になっている。そのためか重い話には極力ならず、基本明日にはスカっと忘れて日常に戻るようなシナリオが続く。

キャラクタがシナリオ途中でとんでもない落とし穴にはまって非現実的なヒロインらの危機や生死をさまようというよな感じのものはない。

服装がどうしてもエロい

ファッションセンスはファッションセンターしまむらなんだけど、だがそこがいいという感じの人達。でも離島なのにどうしてるんだろう。通販があるみたいな発言をしてるからそちらで調達か

なんでこいつの家に速攻女が溢れかえってるのだろう

音声

聞き覚えのある声多数なのは仕方ないにしても、配役も悪くなく特に問題は感じなかった。

BGM

安っぽさが悪くオフにして聞こえないレベルまで絞ったことも多かった。

我欲

回数は結構多い質もそこそこだが、質についてはそこそこを維持していると手放しで喜べる感じではなかったが、質量共に満足度は高いだろう。

システム

昔一部のメーカーが導入していた、ドラマちっくモードというオートモードで、文字列が表示されないというだけのモードが搭載されていたのはなかなか良かった。わたしはずっと使うわけじゃないけどこのモードは結構好きでした。

あとは普通かスキップジャンプがいっき飛びだったのが良かったぐらい

最後までやる価値があるか

スキップジャンプが搭載されており攻略時間の短縮に十分寄与する。

好きなキャラだけプレイしても問題ない構造だと思うので、それでも十分だと思う。特にシナリオを吟味してプレイしていくタイプのものとは思えないと感じたので、プレイ感重視で好きじゃなさそうなキャラクターはなかったことにしても問題はなさそうだ。

とは言っても高品質の立ち絵がめまぐるしく変わり、ユーザーが飽きない工夫?と言うか、このメーカーの特色と言うかそういった装置が組み込まれているため特にひどく攻略コンプリートに厳しいわけじゃないからプレイもありだろう。

メーカー作品中の位置・評価

一も二もなく、絵が高品質でこれだけでもセールスで相当な位置が狙えそうな上に、その立ち絵が相当なレベルで動きまくるとなれば、メーカーアドバンテージは計り知れない。

その他の要素も頑張れば相当な上位プレイヤーとしての可能性は秘めているだろうが、ライターは多分見つからないだろう。

あまつみそらに!の特徴

千紗とゆっくりイチャイチャするゲーム

高品質な立ち絵がパラパラ変わって、いい雰囲気を楽しむゲーム。

特に厳しめの重い話もなく、基本的には日常ゲーだがファンタジー要素とトラウマ系も微弱ながらある。

そして田舎ゲー

digipeアイコンプレイ時間: 13日
そのゲームを消化するのにかかった時間のこと
digipeアイコンベースポイント(ゲームの潜在能力)
75
digipeアイコンプラスポイント
+10品質の高い絵に加え、立ち絵がよく動くというコンボ。
digipeアイコンマイナスポイント
-10全体的にひどいわけじゃないのに絵に引っ張られて高水準を期待される他要素が力不足
digipeアイコントータルポイント(最終的な評価)
75

サイトでレビューした クロシェット 作品一覧

あまつみそらに!

スズノネセブン!

見終わったら別の次のレビューに送ります

真剣で私に恋しなさい!」です。

エヴォリミット