沙耶の唄

はじめに

ニトロプラスだからプレイ前作もかなりよかったので、この勢いはどこまで行くか?と期待する。

必死に気分を害する絵(いわゆるグロ)がでますがどうしますか?と聞いてきたので、たいしたことはないだろう??と思っていたが、意外にたいしたことがあった。あれくらい警告したほうが、それ方面が苦手な人への配慮となるだろう。

シナリオ

武器自慰が排除されてうざったく感じていた人には結構いいのかもしれないが、やはりそこは1カ所のみ自慰がはいってるという。

本編はおもしろいです。具体的にここでみんな書いてしまったらあれですが。

両手であげて喜べるほどのハッピーエンドは、ないようですが。もうちょっと沙耶の花のあとを描いてもらってもよかったんじゃないかと星をあげるとかいって今後どうやってもらったという状態になるのか想像ができません。

葉瑶も撲殺っぽくされたあとは、死んだのか不明だし。最後のほうには多少の不満が残りました。

序盤中盤はすばらしいと思います。もうちょっとぐろいほうのやつを見せて感情移入をさせた方がいいのかと思いましたが、他人と全く違う世界観になった後、正常な人間からの干渉がめちゃくちゃうざいのはとても同意というか表現がうまかったです。

主人公はどっかに星につれてかれるのかとも思ったけどあっけなくぶっつりその後が削られてた。

猫耳っぽいのはなぜか?というのは説明はなかった。

音声

問題はないです。

気持ち悪い系の音声のやり方はうまいかなとおもった。

BGM

よいが、まあこんなもんかといった感じ。

我欲

あまり期待できないというかグロイし立つかね?

システム

まあふつうで、障害はありませんでした。

特徴

美(常識)の価値観もろさについて考えさせられる。

メーカー
ニトロプラス
発売日
2003/12/26
プレイ時間
5時間
CD
入れずにプレイ可能
BGM
CDオーディオではない
アンインストール
CDを入れずにアンインストール可能
攻略参考
必要なし
参考画像沙耶の唄

見終わったら別の次のレビューに送ります

銀の蛇 黒の月」です。

WW&F~大正帝都伝奇譚~