まじぷり-Wonder Cradle- ふぁんでぃす

はじめに

セフルトABと女王の補完には大いに期待した。が・・

シナリオ

有里・女王が補完(エロ)されると思ったが全然ちがった。期待はずれ。カケルが・・とおもおもったが違うし。何のために作ったんだ

未亜・セフルトAについて語られると思いきやそれは無かった。しかし茗子セックルがあったのでいい。

アルク・双子がらみでいろいろある。

空・シェリルとなにかあるとおもったら何もなかった。

恵梨華・なぜか先生が出てきた。

親子丼で統一すればいいのになぜかそれをしなかったのが敗因

音声

目立って変わらず。たまにオリジナルとは全然声になってしまうことがあるがそうはならなかった。

BGM

使い回し。

我欲

ほとんどエロ。茗子以外は評価できないなあ正直。最低でも女王は欲しかった。

システム

なかなか良い。

最後までやる価値があるか

未亜以外はまああまりやってもしょうがないかなと言う感じCGのみ・・という感じ。

特徴

セフルトABを補完もせず、その他もろもろのツボをつくような物はなかった。

しかし、唯一茗子だけがよかった。

メーカー
パープルソフトウェア
発売日
2004/08/14
プレイ時間
5時間
CD
入れずにプレイ可能
BGM
CDオーディオではない
スキップ
選択肢後自動スキップあり
既読あり
アンインストール
CDのアンインストーラを利用しないとアンインストールできない
バックグラウンドでの動作
スキップ解除しない
CPU利用率100%ではない

サイトでレビューした パープルソフトウェア 作品一覧

秋色恋華

まじぷり-Wonder Cradle- ふぁんでぃす

まじぷり-Wonder Cradle-

夏色小町

見終わったら別の次のレビューに送ります

戦乙女ヴァルキリー」です。