サディスティック妖子

はじめに

設定に惹かれた

シナリオ

各メインキャラクターの設定は良い物があったのですが、それを乗せるメインのシナリオがかなり弱かった感じです。

具体的に、何が起きたかというと最初のひとかじりで、いっきに飽きがおとずれるといった感じです。

また、メインシナリオがなんかあれだったのでゲームも作業になりつつある感じもしました。ゲーム自体のできはいいのですがお話自体がつまらない。

音声

ようこ(ヒロイン)の声はよかったですが、ほかは単調でマイナスでした。

BGM

これはというものはなかった。聞き苦しくもなかったので印象にはない。

我欲

単調でシナリオがわるいのもありますが、パターンにはまって面白くもなかったし。

システム

スピード感が足りなかったですね、無駄に遅めにエフェクトとかしてプレイ時間を伸ばそうという意志でも働いたのでしょうか面倒くさいだけな気がします。

特徴

アイテム合成や戦闘など中核をそろえているのでシナリオをしっかりしてゲーム部分ももうちょっと煮詰めてみればとても面白い物になると思います。

設定は独自の物があるが、中身がよくないといった中途半端な仕上がりな気がしました。

メーカー
林組
発売日
2002/01/25
プレイ時間
4日
CD
入れずにプレイ可能
BGM
CDオーディオではない
スキップ
既読スキップあり
アンインストール
CDのアンインストーラを利用しないとアンインストールできない
バックグラウンドでの動作
スキップ解除
攻略参考
http://members.jcom.home.ne.jp/1213828711/
http://www.ne.jp/asahi/touyouken/pc/

サイトでレビューした 林組 作品一覧

ふぉ~りんLOVE

サディスティック妖子

見終わったら別の次のレビューに送ります

奴隷市場Renaissance」です。