この空がついえる瞬間に

はじめに

FSっぽいのは好きです。

シナリオ

終末系という前提があった。何が面白かったかと考えると、ばっちりツボも押さえてないし、まあまあ、だった気もしないでもないけど、はやり面白かったような、つまらなかったような

結局のところ、話自体ワケがわからなかったので、ENDもつまらなかったです。

こんなゲームはシナリオが良質で、なんぼじゃないのかと思ってはいますが、それが、いまいちだったので、全体的にいまいち感がぬぐえませんが、最低最悪というわけではない感じです。

音声

一人二役の人がいましたが、気づきませんでした。彼女に関してはすごいと思います。

ノイズ等には悩まされませんでした。ほめるまでには至りませんが、良好という感じです。

BGM

良いわけではない。ので悪いという事にします。中の下

我欲

結局終末がどうとか言っている割には、エロメインな感じが漂ってました。シチュエーション的には、なかなかだったのかもしれませんが、表題というか、そっち系もがんばって欲しかった。

戦うヒロインがやられちゃう系は全く予想外でした。

システム

がんばってはいるのだろうが、最悪という事を言わざるを得ない。スキップ系が最低最悪なので(とにかく遅い)繰り返しプレイは不可能でした。

シナリオ一覧みたいな、システムが搭載されていて繰り返しプレイをスムースに運ばせる意図があったようにも見えますが、それにしたって、スキップを利用しないワケじゃないので、その肝心のスキップがクソすぎてやる気を失いました。

1週目までは、そういうスキップは使わなかったので気づきませんでした。が、繰り返しプレイ自には、どうするのだ。

特徴

スキップが遅く、終末の話はたいしたことが無く、エロシチュエーションの方が良質。期待していない、なぜか戦うヒロインがやられちゃう系で好印象では無い。

メーカー
電脳猿(デジタルモンキー)
発売日
2003/07/25
プレイ時間
1日
CD
入れずにプレイ不可能
BGM
CDオーディオディスクはついてくるがCDオーディオではない
スキップ
利用が困難なくらい遅い
アンインストール
CDを入れずにアンインストール可能
バックグラウンドでの動作
CPU利用率100%
攻略参考
参考画像この空がついえる瞬間に

サイトでレビューした 電脳猿(デジタルモンキー) 作品一覧

この空がついえる瞬間に

見終わったら別の次のレビューに送ります

お姉ちゃんの3乗(きゅーぶ)」です。