まじれす!!~お待たせリトルウイング~

はじめに

というかV,Gのパクリというかもうそういうことを言ったら負けぐらいパクリ。まあ、ファミレス戦闘物というか、こういうの誰が最初に作ったか知らないが。

シナリオ

序盤つまらない。面白くない会話が永遠続いているために。貧乳でもないのに貧乳貧乳と連呼しているのが痛い。面白くない。巨乳がどうこうというのも何度も出てくる。出産ネタもこれでもかと言うほど出てくる。また、終始、お約束ネタばっかりで面白くないことこの上ない。

あの兄姉特訓は大悪司の展開にそっくりで萎える。

料理が下手でものすごくまずいという展開は良くあるが、それがどのような絵かどうか書いたのはあまりない。たいしたことじゃないがこのゲームでは出てくる。

中盤終盤も展開が読めてつまらない。つまりシナリオは全くダメと言うこと。

出てくるキャラクターが多いために6割以上は各キャラの紹介(交友)シナリオというか関連。

アメリカとか中国は特有のなまり有りでドイツだけまともだから違和感ありまくり

音声

まあ普通。目立って悪いところはなかった。良いところは発見できなかった。

BGM

普通よりちょっといいかなと思うぐらいでそんなに良くなかった。

我欲

各キャラ2回程度あるのだが、その道のりが面倒くさすぎて大変。

5キャラぐらいならゲームをしながらクリアしても良いとは思うかもしれないが、なぜかムダに攻略キャラと登場キャラが多くて(いやまあゲームの売りなんだろうけど・・)ゲームを強制的に何度もクリアしないとならないという痛さ。

そのゲームが大して面白くないというのがかなり致命的。面白くない割には何度もやらないとならない。また、面白いゲームでもこれだけ何度もやらせられるとなればおそらく飽きるだろう普通に。

それに選択肢もかなり難易度というか一個間違えると別のキャラにルートが移っちゃう的な難しさ。

システム

カードゲーム自体の難易度自体は特別難しいというわけじゃないが、ルールと慣れれば負けることはほとんど無くなる物の、作業とは言わないが、普通に1週程度でもうゲームはしたくない程度には飽きる。

また、やる気をなくさせる原因の一つに、キャラ攻略対象キャラが多い割にはややこしいフラグ(選択肢)というか攻略ルートであったというか、一度やって目的のキャラじゃないところに到達してまたやり直し・・というのを2回も繰り返せばもう死ねる。

最後までやる価値があるか

繰り返しプレイ必須。戦闘というかカードゲームスキップは不可能で、別のキャラを攻略するのに何度もはじめから、途中から、ゲームを繰り返さないとならないという設計はどうかとおもう。

メーカー作品中の位置・評価

結構駄作だと思う。シナリオは良くないし、ゲームも良くあるミニゲーム的な物を無理矢理拡張して装飾を施してメインゲームに使ってる見たいな感じがする。カードの豊富さとその絵は楽しませてくれるがシステム的にもつまらないし飽きる。

特徴

カードゲームだが、そのカードに書かれている絵が面白いからまあそれが製品魅力としての半分以上。

このゲームのキーワードは絵だろうな。攻略対象キャラはムダに多いしその分絵が多い。エロは2回程度あるし「絵は」頑張っていると思う。また、カードの絵もまあ、結構良い感じだ。

カードゲームはすぐに飽きるような物で結構面倒臭くなる。それなのに攻略にはかなり何度も戦わなければならない(2週3週)。

シナリオも特に面白い話があるワケじゃない。モロテンプレートみたいな文章が永遠続いて落ちも読めまくり。

メーカー
すたじおみりす
発売日
2004/07/16
プレイ時間
2日
攻略参考
http://www5f.biglobe.ne.jp/~noise4/
参考画像まじれす!!~お待たせリトルウイング~

見終わったら別の次のレビューに送ります

Dear My Friend」です。