魔界天使ジブリール

はじめに

フロントウィングだから多少は期待した

シナリオ

基本的な部分は抜きゲーだと思われるが、多少シナリオというか話方面でも、それなりに面白くさせる工夫はされているように見受けられる。

前後にかかわらず、ぷっつり切れて、突然次の日になっているという感じのフロントウィング臭が漂うやり方が新鮮(伝統)だ。だるい日付切り替えエフェクトを挿入して間を持たせようとか、そういう感じの物はいらない?という考え方だろうか

そして、1日1日の間に、リカとラブのネタが挿入されて、だるさを抑える効果を狙っている。その効果も結構良い感じに効いてきて、作業感というか飽きる部分の軽減にも役に立っている気もする。

この程度の出来なら、リカ一本に絞ってやった方がいい感じ何じゃないかと思ったりもする。初期の掛け合いなどから見てもっと絡みがあると思ったら、意外に敵キャラというか悪魔との交流がほとんど無く、和気あいあいな感じの割には、交戦時ぐらいしか接触がないというのは致命的な感じもする。事実上ほとんど1キャラだけという感じも捨てきれないし、脇のキャラ自体が少ない割には中途半端でキャラ立ちも薄い訳じゃないが、もういっぽという感じがある。

音声

そこそこ良い感じ。技術的にうまいというのかどうかは分からないが、えんじぇるーあーもーれーとか良く聞く声優な割には、結構聞き心地が良い。メガネはうざい。

BGM

初期のフロントウィング臭がするBGM。基本的にフロントウィングがBGMがかなり良い感じであるというのは初期からなんか良い感じなBGMだなと思っていたが、その臭いのするBGMが消えたりそういう感じに受け取れなくなったりしていたが、ここに来て多少劣化感は否めないが、初期の頃の良いBGM臭が漂う感じの物になった。

ただ、手放しで言い訳じゃなくて、筋が良いという感じのもの。まあ、結局のところ、いいんだけどね。

我欲

エロ自体なんか、だるい感じが否めない。投げやりな感じで、予定調和な、えっちでアモーレをためるとかそんな感じの理由なのだが、投げやりで予定調和なのは理解できるが、それにしたってなんだか、やっぱり分かっていてもさめる部分が大きすぎてちょっとダメな感じだ。

それに絵の中途半端さが拍車をかけている。基本的にはそこそこ良い絵だと思うが、なんだか少し詰めが甘い感じで、萎える要素が結構あったりして興ざめする。

意外にリカはさめている感が強い。エロの最中も。何気なく、「エッチなことが許せない」というふれこみだけど、気軽にしている感じで、結構この縛りで損している感じがする。

敵にやられる、やられないでふらふらして、結局やられちゃったりして、どっちつかずなところがちょっとなんかあれかなと。

月にかわって、がツボ

システム

特にない。普通。

最後までやる価値があるか

作業感はあまりないが、内容自体が飽きてくる感じがして、というか、飽きてくる。脈略がないわけじゃないけど、エロがなんかつまらない感じで、型にはめすぎたエロだからかもしれない。

各所それなりの品質は保っているが、総合力で結局はなんだか弱いなという感じで、そこまでヒドクはないが、結構飽きが来たりする。

メーカー作品中の位置・評価

メーカー自体の評価を落とす感じがする。

特徴

最後にちょっぴり(本当に少し)感動な展開。

結局良い部分は、フロントウィングの伝統的なシナリオの間にあるキャラの掛け合いぐらいしか見いだせない。悪いという部分(基礎となる基準は低レベル作品比)はそこまで無いと思うが、いまいっぽという感じがある。

メーカー
フロントウイング
発売日
2004/04/23
プレイ時間
3日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+10伝統的なキャラの掛け合い
-10シナリオ
-10攻略の面倒くささ
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像魔界天使ジブリール

見終わったら別の次のレビューに送ります

です★めた」です。