きみはぐ

はじめに

ライターは違うんだけどちゃんとフロントウィング臭がするゲーム

シナリオ

いや・・ね・・熊とかペンギンとか出すのはいいんだけど、いかにせんどっかで没ったか趣味で作ったやつをもったいないとかいって流用した感がしてしまっていて、なんだか痛々しいんだよね。面白くはあるけど、はるかに痛々しさの方が勝ってる。まあそんなつもりじゃないにしてもだ

香澄の過去話なんて隠蔽するまでもなく一瞬で分かってしまうのでネタバレ話するが

香澄の昔はなんで黒髪なのにピンクに変わったんだ。まあゲーム的には、それが「変わっていきたい」っていうのの証かなんかと捉えてもらえればいいとかそんなんだろうけど、それか単純な偽装か。

子供の頃がファミコンってモロ特定されるな、少子化でこの辺から先のエロゲはなさそうな気がする。(子供の頃からデフォで携帯電話とか)

美恋はエロに関して男のような妄想を持った女だな。それを実行してくるし。逆に主人公がまるっきり女みたいな風になってしまっている。

つうか、脇役濃すぎるだろ・・。脇役である分はわきまえてヒロインを侵害してこないのが良いけど、もっとうまくというか持ち場が多かったらヒロイン潰される(ヒロインシナリオより脇役の方が面白いという評が広まったり)んじゃないか?と思う。

音声

えみりが「おーほほ」っていうやつがあるけど、アレがなんだか微妙に下手くそでスキ。普通だともっときっちりこんなしている感があるんだけど、言い方がちょっと他と違う。

BGM

BGMとか歌詞付きは相当良い。

過去作が思い起こされるような良さじゃないので全く別の人が作ったのだろうか?

フロントウィングの音楽の良さは発足当初から良い物を提供していたのでなんだかんだで毎回気になるところだ。そして、この作品ではあたりということで。

我欲

えみりはすごいな。キスも処女も前にアナルだし、主人公はアナルなのにも関わらず中だしじゃないしホントすごい。

えみりの絵一部クビが外れてるように見えてちょっと嫌だった。

システム

クレジットと注意書き無意味になげー

あとは普通かな

最後までやる価値があるか

まあほとんど抜きゲーだしキャラも結構立ってたから放棄はないなと

面倒なところもないし全部ちゃんとプレイできる。

メーカー作品中の位置・評価

この抜きゲー調なのばっかりだとちょっと不味いかもしれない。

メーカーとしては守りのゲームっぽく見える。無難なところ無難・・とね

いやまだまだ期待してますよ。

特徴

えみりが一歩すべての面で抜きに出てる。

あとは凡だからなあ。えみり以外はちょっとイラっと来る性格のキャラばかり。でもマドカもそうでもなかったかな

まあちゃんと期待通りというか絵をジャマしない程度には盛り上がるシナリオでゲームとしてはちゃんとしてますよ。

まあ、そういう意味では絵がすべてなんだろうね。

メーカー
フロントウイング
発売日
2007/03/23
プレイ時間
10日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+10絵はすごいよね。二・三気になるところもあったけど安心感が絶大
-10絵を生かさず殺さず無難なシナリオ。ライト層にはいいんだろうけどね
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像きみはぐ

見終わったら別の次のレビューに送ります

SHOGUN8-ショーグンエイト-」です。

Figureheadフィギュアヘッド