to・・・

はじめに

シナリオ重視かとおもって期待をしていたのだが

シナリオ

一つ一つのシナリオはあまり共通していない。

どのシナリオも悪い意味でそれなりで対したことがないのが残念。序盤や中盤などの導入は、結構普通なのだが、落ちとなる終盤などから、なんというか盛り上がらないで、面白くなく、終わってしまう。

いわゆるお約束を入れたり、エロに力をもうちょっと入れたりすると良いのかもしれない。しかし、根本的にシナリオの力不足感は否めない

里美の立ち絵には完璧感がある。

音声

問題がない。男の声もあるのは、プラスかマイナスかはわからないが。

BGM

普通。ロックがやってたので良い物も期待する可能性があったが、それを見てもダメだった。

多少の期待はずれ感がある。問題はないが

我欲

絵に関しては、「所々」で脱帽の神領域なのだが、変な部分もあるから、なんかダメ。絵の質に関してはすごい。

しかし、シチュエーションが普通すぎてつまらない。しかしそれを神業で補完するという感じがする。それでも若干不満が残る。

絵の質がカス扱いで合った場合はもう目も当てられない大惨事だっただろう。

システム

全体的に良い感じ。

このくらいのシステムでなかったら(ちょっとでも面倒な部分があったら)、つまらないシナリオを永遠とやりつづけるのは無理だったかもしれない。

特徴

絵の質がよい。シチュエーションからくるエロは期待できない。シナリオはよく言えば普通の純愛系。悪く言えば普通すぎてつまらない。もりあがらない。

メーカー
あんく
発売日
2003/10/31
プレイ時間
2日
CD
入れずにプレイ不可能
BGM
CDオーディオではない
スキップ
選択肢後自動スキップあり
既読あり
アンインストール
CDのアンインストーラを利用しないとアンインストールできない
バックグラウンドでの動作
CPU利用率100%ではない
攻略参考
http://homepage2.nifty.com/foolproof/

サイトでレビューした あんく 作品一覧

ぽっと -Rondo for Dears-

to・・・

見終わったら別の次のレビューに送ります

緋の月」です。