Steel

はじめに

あれ音がない。クソゲーか?とおもったら

シナリオ

なかなか、趣味の合う世界観の物語だった。

これなら、まあ、声なしでもいいかな?なんて、OP越えたあたりに思った。

fateに似た空気だった。しかも同等かそれ以上。劣化コピーでは決してない。

表情とか動きとか作るのがうまいな。

それに服がリアル。妙に貧乏くさいというか、平民というか貧民というか、そういう人間が着るような服が多い。ユニクロとかファッションセンターしまむら見たいな感じ。

文章の回想系で、永遠既出の判定もない文章を何度も見せられることが無い。

飽きる部分がない。

この話が何故こうなったのか?という答えがちゃんとあり、解決される。ものすごい、丁寧につくってあるような気がする。

基本的に一本道で、キャラがリストラされていくのがいいのかもしれない。

キャラの魅力がいまいちな点が唯一のポイントかもしれない。けして無い訳じゃないんだけど、最上位の品質を考えるとまだ甘い。

意外にも、トンでもない力を持った物は現れない。(行使しない)よわっちい物がガンバルのみという話。

登場人物が、結構出てくる。それを処理するのに、あれだけのキャラが生きていると大変だしシナリオが維持できないから、殺してしまうという感じがしないでもない。

最後の最後で、なにかよくわからない展開になったりもするが、まあ無視・・。

音声

なし

BGM

そんなに良くない。

我欲

この手の物に関しては、薄くというか、そんな感じになりがちだが、結構まともだった。

システム

エフェクトもちょっとうざめだけど、かなりその辺は考えられていて、切ることもできるし、結構爽快感があったりする。ちょっと早すぎるんじゃないか?と思えるぐらいのキャラ視点情報欄の切り替えとか、ああいうのが、いちいち長いなーと一瞬でも思わせると意外に大きく評価にひびく。

最後までやる価値があるか

一本道で、最後までやらないという選択は無い。途中でつまずくような、つまらないこともないし。

ただ、話が長い。しかし、かなり飽きない。

メーカー作品中の位置・評価

これはすごい。次の作品でこのレベルを維持できるとは決して思えないが、それでも、メーカーの評価はAA+ぐらいは行ってるだろう。

特徴

最上位のエロゲー作品とタメをはれるぐらいのできだと思う。

声が無いのは全く問題にならない。おそらくあったら、トンでもない話の長さに飽きてしまうかもしれない。

fateのように謎守護神が付いていて、クロスチャンネルみたいな終盤の展開。

みんな死んじゃう系

メーカー
グラビトン
発売日
2005/02/11
プレイ時間
5日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
80
20シナリオ良い。
10キャラの魅力
攻略参考
http://www.foolmaker.net/

サイトでレビューした グラビトン 作品一覧

Steel

見終わったら別の次のレビューに送ります

黒髪少女隊」です。

SEVEN-BRIDGE~セブンブリッジ~