さくらさくら

はじめに

ギャグパートもあるゲーム

参考画像さくらさくら

さくらさくらのシナリオ

しょっぱなから全力投球をみるとスマガを思い出す。

ひさしぶりにヒロインが少ない作品プレイした感じ。

くるみとフラグが立ったような気もしないでもないが、

なんだかんだで、旧作の のの関連のゲームと展開が似てるような気もする。特にシステム面が独特なために。

多紀っていうキャラが凄い面白い。くるみとの掛け合いはあまりエロゲシナリオで見たことのないパターンでさらに面白い。

複数男主人公なんだが、声と顔が出てこないやつが主人公だから、二人目に進んだ時点でどっちがどっちだが一瞬で判断できず、直樹と徹がごっちゃになる。

音声

いつもの人らってのは変わらないけど、なんかいい感じに仕上がって入る。

BGM

雰囲気にはあってるかな、歌もそこそこ雰囲気に合ってる。

我欲

フェラのとき喋る場合口が動く演出はエロゲ業界初なんじゃないの?モザイクにかぶってるから微妙だけど、案外いい感じでした。

案外シチュエーション面で悪くない感じだった。

ただちょっと絵が下手とは言わないが独特な感じがある。

システム

女が喋ってる時に、くちぱくシステムのためか、微妙にウェイトがかかってプレイしにくい。

最後までやる価値があるか

前半後半というか、イチャイチャシナリオに行くのにほぼ全員プレイしないといけないので必須。

多少のダルさはあるが、まあ我慢出来ない部類じゃないので大丈夫だろう。

話の内容的に、スキップ混じりだとしてもそこまで公開するようなたぐいのシナリオレベルじゃなかったような気もするので、気にならない人はそうすればいいだろう。

今作は特に話に話の中核になる重要な裏があるという感じじゃない。

メーカー作品中の位置・評価

のののゲームから?はじまったミニキャラの操作によるゲーム移動にはまってる感があるが、こんなモノにコストを投入していいようなメーカーのようには見えない。まあこんなことは、モノが期日までに仕上がってないので誰しも考えるだろう。

こう、どうしてもこういったシステムを導入したがりが抜けきれないのがガンなのかどうなのか・・。無難に仕上げるという思想は抜きにして考えてリスクをきちんと理解して開発しているのかしていないのか

今回のゲームでも確認できたが、自力のあるメーカーだとおもうので、変にシステムで遊ばない限りはそこそこ評価は受けるだろう。

さくらさくらの特徴

なんだかんだで、結構笑える。

エロ表現方法はベーシックだが、結構うまくてエロいな。正直このレベルのものをリリースしてやっとエロ漫画に対抗できるわけだが、最近ほとんどこのレベルのエロ表現できてるやつ居なくなってる気がする。

簡単にいえばイチャイチャ成分が足りないというか、間があるというか。

まあでも、攻略その後みたいな展開があるから、こちらのほうがメインという気もしないでもないが、そこで求められていたエロ分(イチャイチャ)を放出するという形だからいいのか。

digipeアイコンプレイ時間: 2日
そのゲームを消化するのにかかった時間のこと
digipeアイコンベースポイント(ゲームの潜在能力)
75
digipeアイコンプラスポイント
+10ひさしぶりにイチャイチャシナリオを堪能した気がする。結構笑えた
digipeアイコンマイナスポイント
-10複数主人公を採用する意味があったのかどうか、問答無用で複数主人公の場合マイナス食らうが相殺できないで普通に苦しんだ。
digipeアイコントータルポイント(最終的な評価)
75

サイトでレビューした ハイクオソフト 作品一覧

さくらさくら

幼なじみとの暮らし方

よつのは

見終わったら別の次のレビューに送ります

雪鬼屋温泉記」です。

痕 ~きずあと~