プリンセス小夜曲

はじめに

意外にも調教システムがあったとは(面倒で必要性を感じないけど)

シナリオ

意外にも、エロゲー法則が適応されなくて、いろいろあったが結局の所お姉ちゃんは、処女ってことにはならなかったのが意外だった。ホアホアした空気のゲームのわりに

リーナ  純情ぶってるだけの役立たずなカマトト。なんの不自由もなく育ってるから余裕で『ああ可愛そう』なんてお気楽に同情の涙を浮かべるクセに、都合が悪くなるとすーぐ泣いて『ううっ苦しい、体が弱いの……』って逃げを打つ卑怯者

リーナ  見た目は真っ白だけど腹の中じゃ何を考えてんだかわからない。悲劇のヒロインになりきって自己陶酔しているだけの腐れ女ガキ

笑った

Fateの日常部分みたいな空気で、なんか大事があるわけじゃないけど、そこそこ面白くて、まったり進んでいる感じがする。ボリューム感もあってなんかいい。

徐々にうざくなりそうな調教部分もその大半が声優というかリーナとシャロットに支えられてる。日常部分もなんかすごい高音の声を聞いてるとうざくなってるのか良い気持ちなのかわからない紙一重のところで実はアルファー波が出そうな気がしている。

妙なシリアス展開が極端に少ない割にはかなり面白いというか全体的な好印象が維持されているのが不思議だ。やはりリーナとシャロットの声とシャロットの服が少なくない影響を与えているのではないかと思う。

シナリオ的にも、進んでいないようでよくよく思い返してみると進んでいるような気もする感じでよく分からないのだが、ゆっくり感があってそれが気持ちが良い感じで。

シャロットのENDはなんかバッドエンドみたいで微妙すぎる直接的な言い方はしないが、暗にリーナとユイシスは陵辱された見たいなことになった空気だし。ほのぼのしたゲームの割にシビアだな・・。

先生、Fateで出てきた契約のなんたらとかいう短剣が出てきます。

落ちが悲惨というか、つまらない。サーシャがメインで締めないといけないんだけど、どう考えてもぶっちゃけ面倒くさくなったから適当に作りましたみたいな空気というかシナリオの長さが・・。サーシャ以外のキャラを攻略しているときに何となくサーシャ自体が何をしようとしているかなんて結構情報が開示されていたりするのでわかるので、もっと何かあると思ったら開示された情報以外あまり新規で分かることは少なかった。

音声

かなり役にあっていて、ウザイキャラも少なく、ものすごい良い感じだ。特にリーナとシャロットははまりすぎ。

BGM

ジャズっぽいのとかあったりして、なんかかなり良い感じ。質はかなり高い。

我欲

悪い意味で、どこがどうなってるのか分からないような体位があったりする。特に男側。というかものすごい気持ち悪い、しかも中途半端に顔が出てたりするからさらにたちが悪い。

リーナはごちゃごちゃ言ってるけど結局はちんこデカイ方(アル子供より成長後アル)がいいという素直な結論が笑える

この手のエロゲにしては精液がリアル指向だったりするなあ

調教で123Lvとかあったりするけど、ほとんど意味なくてなんか無駄にループしているみたいな感じで展開自体ほとんど同じだし何がしたいか分からん。なんか無駄に多くて飽きてくるし徐々にうざくなってくるしスキップしたくなる。(声優はがんばってるんだろうけど気の毒だ)ただ、まれに、徐々に初初しい感じから淫乱?がうまく出来ているのもあって一概には言えなかったりもするが

システム

完全にシステム側の不備というか、調教システムが悪すぎる。本編で調教がどんな馬鹿でもやってれば最後までコンプできるぐらいのやつならいいんだけど、なんか中途半端に残ってしまったりする。そんでクリアしちゃって調教のログというかセーブは基本的にはやり直しになってしまう。

これを回避するために、フリー調教モードとかいうのがあって、本編でやらなくても別途タイトル画面からセレクトすれば任意のキャラを好きなときに出来ると言うことになっている。

そこで、本編の調教ログがそのフリー調教モードに継続利用できるならいいけど、なんかそういう風には出来ていないらしくて、フリー調教モードはフリー調教モードでまたやり直さなくてはならないというクソ仕様。

そんで、1キャラ攻略するたんびにやり直しになる本編の調教モードは当然基本的には本編でシナリオとからめてやりたいという風になるわけだが終わらないので出来ないしデータの持ち越しセーブもできないので、時間的に本編調教を捨てて(調教は必至じゃない)フリー調教モードに頼るしかなくなる。

フリー調教モードはセーブが可能であるので、キャラが攻略完了しようが何しようが、セーブ状態は保持される。

しかも、微妙にかったるい感じがする。使い回しの絵を5~6シーン(回)使い回して正直飽きてくる。システム上ちゃんとしていて本編でちゃんとできるようなら多少ちがうんだろうが、フリー調教モードだとシナリオ的な前後のつながりも盛りあがりもかけてくるし、なんかどうでも良くなってきて作業感も増してくる。

作業感といえば、なんかしらないけど、同じシーン(既読)を何度か見ないと次のシーンへの選択肢が表れないみたいなことになっていてそれもかなりクソなシステムだなと。スキップすることになるし無意味な時間の無駄なことを強制させられるようじゃ・・5~6回同じ絵を見せられて、しかも、既読シーンをレベル上げよろしく何度か見ないといけないような感じになっているという面倒なことこの上ないシステムだ。

最後までやる価値があるか

サーシャENDを見るためにも全部のキャラを攻略しなければならない。

調教モードというか調教は隔離されていて後回しに出来たりする。

メーカー作品中の位置・評価

まー全体の流れからしたら期待できる!ってほどじゃないけど、もう一作品くらいこれよりもうちょっといい作品だしてきたら評価が上がるだろうけど、ちょっと微妙な作品になっているこのゲームだけではなかなか難しい物がある。全体的に今一歩という感じがものすごい強い。

特徴

意外によくよく見ると顔がクセが多少強かったりする。

シャロットの服がデフォルトでもエロすぎる。

効果音なんてあんまり気にならない方だけど結構外れてる効果音多いな。

調教システムを無理矢理突っ込んだみたいで作り込みも甘いし作業感は漂うし何回も同じようなの見せられるし、こんなんだったら無かった方が良かったと思わせるようなもの。(普通のエロゲみたいに個別入ったら普通に一個ずつ見せていけばいいよ・・)せっかく良いのがあるのにこの辺のごたごたで評価ガタ落ちですよ。

悪くはないけど、意外にシナリオは面白くない。サンザン期待させておいてサーシャがあのざまじゃね・・

メーカー
すたじお緑茶
発売日
2005/11/25
プレイ時間
4日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
60
+10エロはすごいがんばってる
+5強力なキャラ立ち
+5脇キャラも強力
+5高音キャラ
+5シャロット絵
-10調教システムが良くない
攻略参考
http://yattakun.at.infoseek.co.jp/
参考画像プリンセス小夜曲

サイトでレビューした すたじお緑茶 作品一覧

プリンセス小夜曲

見終わったら別の次のレビューに送ります

モノごころ、モノむすめ。」です。

Nursery Rhyme-ナーサリィ☆ライム-