G線上の魔王

はじめに

G線上とかいってるけど、間違えてはいけないのは暴力団の話とかそういうのが出てくる話って事。ファンタジーとか関係ない

シナリオ

やっばいな。プレイしはじめでいきなりらくがきレベルのイベント絵を見せつけられて落胆。

ちょっと暴力団の話が出てくる

宇佐美のキャラが強烈だな。他のキャラはテンプレをベースにちょっとアクセントがかかってる物がほとんど。

推理とかそういう話

これは最初からおおっぴらにしてないけど、主人公が二重人格でそいつが魔王って事を臭わせまくってるあたり、ユーザーにはそこわかったところで話が進んでるんだろうな。ただ、おおっぴらに確定していわないあたりがテクニックなんだろう。

メーカーの傾向からして、最後に上とからめ手の落ちがある可能性が相当高い。

ずっと推理だときついなとか思ってると、個別ルートに入っていくと緩和される。ニトロの銃みたなもんだとおもえばまあなんとか

あれ?これ主人公いてもいなくても回っていくの?みたいな感じに、他のルートだとヒロインがそこそこ幸せになってるようでなんだか

珍しいのかわからないが、最初はみんな突拍子もないキャラだけど、ルート確定後は顕著に普通のキャラになっている気がする。

END後にまじめな注意書きが入るなんて初めて見た

音声

いつものメンツで代わり映えしないが別に悪くはなかった。

BGM

クラッシックだし、エンディングの曲はかなりよかった。

我欲

量も質も特記するべき事はなかったけど、その割には結構良い感じに見えた。

よく思えるのは、キスとあんあんが多めだからか?

やってる最中にめちゃくちゃしゃべらないからなのか?はわからない

パンツが無駄に我欲。

システム

まあ普通といった感じで

最後までやる価値があるか

徐々に主人公の過去が明らかになっていくという傾向はある。

推理がちょっとうざいけど、まあ普通は全部やる。

メーカー作品中の位置・評価

なんだかんだいって臭いもほとんど一緒って感じのゲームになっていた。

つまり悪くはないと

特徴

なんだかんだいって、つまらないときの特有なプレイ欲(眠くなったり、続きをプレイするのがだるくなったり)があまり落ちないあたりは良いのかもしれない。

そういう意味で、推理とか嫌い属性違うと思ったとしても、プレイするのにそういう理由でプレイをやめるというのは考えた方が良い。

車輪の国との差は基本的に一緒てな印象を受ける

メーカー
発売日
プレイ時間
3日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
85
+10なんだかんだでシナリオは悪くないし総合力がある
-10シナリオは高いレベルをいってるが落ちが車輪の国と似てる
攻略参考
参考画像G線上の魔王

見終わったら別の次のレビューに送ります

つよきす2学期」です。

ウィザーズクライマー