スピたん

はじめに

永遠のアセリア ダイジェスト版

いやあ、これほどひどい絵(よく言えばクセのある?)だったとは思わなかった(忘れれた)というか気持ち悪い入ってる・・

あーそういえば聖賢者ユウトとかいうダサイなまえがあったなw

シナリオ

ユーフォリアとかばんばん出てくる話だと思った・・。

つうか、もう、ちびキャラ絵をほほえましく見守るゲームだなこれは。

スピたん・・永遠のアセリアの最後っぺが微妙に残っている

というかどんどんエウシュリーみたくなってきたな。もうこれがエウシュリーが作りましたって言われてもたぶん気づかないと思う。

周回を重ねていくごとにシナリオが既読になるが、意外にもシナリオの量が多いという感じで、最後の方にはほとんど既読となるわけだけどそうなるとかなりのスピードで周回が可能だった。まあ、極楽と範囲攻撃で一網打尽だけど。

結局なんか、あまりシナリオについて言えないというのは、永遠のアセリアから全然関係ない話になっているとは言えないけど、もうほとんど関係ないから感情移入度が極度に低下しているのは間違いない。キーワードに永遠神剣が出てくるぐらいで・・

永遠のアセリアのダイジェストがあるけど、あれだけじゃ結構見落とすというか訳の分からない部分が多すぎて永遠のアセリアをプレイした人が思い出すためにプレイするぐらいの領域しかカバーできていない。永遠のアセリアを未プレイの人はプレイしないと完璧な状態ではいけない。だいたい永遠のアセリアの大筋の話がからむというより、なんかものすごい微妙な小ネタばっかりが散在されていてそれをニヤニヤ見守るみたいな感じでユートの子供が出てきたりとかそんなん無いしね。

音声

なにこのミュラーの癒し声一つ頭抜けてる。慣れてないだけかもしれないけど

永遠神剣の声がエフェクト(エコー?)がかかりすぎていて聞き取りづらい

BGM

異色だから栄えるのかもしれないけど、ちび絵にあった歌詞付きが数曲あったりしてかなり力が入っているなと思った。

緑?のテーマは一つ頭抜けてかなりいいBGMだが、他はあまりよくない。

我欲

実はエロがかなり優秀だったりする。最中の言葉の掛け合いがなかなか良い具合だったりする。

立ち絵とエロ絵が全然ちがうとは言わないがかなり違和感を覚えたのは事実で体位とかその辺の破綻はあまりないが顔が違ったり身体もおかしかったりすることもあるかなと

システム

ダイジェスト版とかと比べても、思いっきりシステムが後退してるんだけど、なんで?

最後までやる価値があるか

正直、1週目と2週目が鬼門でここら辺を根気強くクリアできればキャラの技やマトモナ周回ボーナスがついてくるのでプレイがグッと楽になる。

しかしながら最低でも5周しないといけない。けれど、意外に周回自体はそんなにプレイ時間を割かなくてもできるようで(最初はうへ・・こんなクソゲー周回むりwとかおもってたけど案外早くできるようになる)シナリオを消化してくれば普通にいける。

ただ、極楽はデフォですがね。

メーカー作品中の位置・評価

永遠のアセリアの続編がこれだとおもっていた俺からしたら・・なんだこれ・・と最初おもったが(ゲームシステムとかその辺からの恐ろしくだるい強烈な印象が)よくよく調べてみると、これとは別のゲームを永遠のアセリア続編で作っていると言うことなので、大きく道を外さなければ(このゲームのような路線が続くようであれば)恐ろしい結果を招き兼ねない。

今はただただ永遠のアセリア続編を待つのみ

特徴

シリアス部分があるにはあるが、基本的にはやはりちびキャラを温かく見守るゲームで、物語を楽しむにはちょっと力不足と言った具合。

プレイ時間が延びた主要な原因は、ステータスと装備品をずっとにらめっこしていたというのがある。属性とか攻撃魔法防御とか物理防御とかものすごい色々な種類があって難解というか何でこんな種類あるんだよ・・って感じなぐらいいっぱいあって、それぞれうまく調整しなければ強くなれないのでかなりにらめっこしていた。

まず、相当覚えることが多くある割にはチュートリアル的な物も無いし(たぶん)、初っぱなから敵が微妙に強いし、その辺のバランスが鬼門かもしれない。

メーカー
ザウス【本醸造】
発売日
2006/03/03
プレイ時間
7日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
80
+10ちびキャラ
+10ナナルゥの冗談
-20想像以上のゲームのだるさで後から追加で用意されたチートモードを利用しないとコンプリートはヌルゲーマーというか一般的には不可能
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
http://omoteura.com/
参考画像スピたん

見終わったら別の次のレビューに送ります

AR~忘れられた夏~」です。

LOST CHILD ロストチャイルド