黒髪少女隊

はじめに

黒髪いいよ

シナリオ

微妙だが、結構シナリオはしっかりしているような気がした。

黒髪というのが、このゲームが黒髪原理主義によって動いているとか、そういう事じゃないようだ。黒髪属性の皆様が安心して購入いただけるように作成されています。という訳じゃない。その辺で大きく前提が崩れて、失望感が漂う。

シナリオがしっかりしているように感じたのは、やはりテンポが良いというか、飽きない部分が大きい。

悪を倒すという部分が、かなり無い。普通基本的には、特定の悪を倒そう!という風にして、基本的な話が進むが、このゲームは、主人公を守る(敵が襲ってくるわけじゃない話)というのが話の9割を占めていて、倒すとかそういうのは、ほとんどない。だから、敵とセックルできるとかそういうのは無い。

音声

撫子以外は、あんまり良くない。とはいえ撫子自体も、すごく良い訳じゃないですが。

BGM

蘭子のテーマというのだろうか、あれはよかったが、それ以外は大したことはない。

我欲

エロシーンは、前半で普通にエロシーンが終わり、後半というか終盤に調教みたいな感じのシステム(調教自体はしない)でループする。

で、そのエロシーンなんだが、なんか絵が立ち絵に比べて9割ぐらいの確率で、すごい劣化している絵ばっかりなのだが、これは痛い。

シーン自体は、意外に突っ走る事は少なくて、有ってもアナルぐらいしかない。ま、標準装備でレズもあるが。

訳のわからないメガネは排除して、市松さんとジャスミンを出せよ。

システム

フローモードが良い感じ。

最後までやる価値があるか

最後のループエロシーンがちょっとやっかい。あれは面倒くさくてやめてしまう要素がふんだんにある。それに、クリアしたとしても、とくに良いシナリオが続くわけじゃないし、戦後処理というか後日談というかそんなのが有るのみ。

一応、ハーレムがあるが、1枚の絵でしかも、なんか取って付けたようにいきなり現れるし、微妙。

メーカー作品中の位置・評価

なかなか、難しいが、良い線は、行ってると思う。だが、それで、どうこう(メーカーの評価がすごく上がるとか)なるという思いにはならない。次の作品で、進歩したら、結構いい感じかもしれない。

特徴

黒髪だが、別に「黒髪というもの」がメインという訳じゃない。

戦闘がメインという訳じゃなく、危機感が漂うという感じ。敵を倒してどうこうというのがメインではない。

抜きゲーっぽい所もあるが、話自体は多少はおもしろいし、テンポは良い。

エロゲ予定調和バリバリの割には、攻略対象が薄い。脇役とは、ほぼやれない。

メーカー
はにぃぽっと
発売日
2005/02/04
プレイ時間
2日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
50
+25フローモード
+10意外にテンポ良く話が濃かった
+5 SE BGMは良い感じだった
-30攻略対象の不満
攻略参考
http://ca.geocities.com/dear012003/x39kdnol/
参考画像黒髪少女隊

サイトでレビューした はにぃぽっと 作品一覧

黒髪少女隊

見終わったら別の次のレビューに送ります

処女はお姉さまに恋してる(おとめはぼくにこいしてる)」です。