冥色の隷姫

はじめに

どれほどの物か

シナリオ

敵側になってプレイする系のシナリオだが、これらは中途半端(悪い意味じゃなく)になんだかんだでそれなりにいいところばっかりなやつが多いわけだが、今回のこのゲームは結構悪い。悪役(ボス)そのもの。例によって勇者が特攻しかけてきますが、無惨にやられる姿は多少エウシュリーの伝統的な勇者像も入ってはいるが、結構きつくむちゃくちゃ無惨になります。

女の囲い方も結構ひどいというか悪役っぷりが出ていて、ほとんど無理矢理系です。精神面で優しく回避されているような配慮はありません。

音声

まあ普通。炉系が面白いかもしれないけど、他は並以下というか飽きた。

BGM

それなり

我欲

棒読みとかヘタ・ヘタに感じる声優が目立つ。

というか抜きゲーだなこれは。

重患とか兄弟がやってるし・・ハードです。

システム

1週以上すると作業間が増して、とてもじゃないがプレイを継続する気が無くなってくる。

最後までやる価値があるか

周回を前提とされており、ある程度の作業を覚悟しなければすべて見れないというのは伝統的な仕様のような感じだ。それがスキなら・・という感じではあるが、根本的に作業感について対策しないとさらなる上は目指せないという感じ。

メーカー作品中の位置・評価

シリーズ全体的に飽きがくる。だいたいキャラ自体に魅力的なのが誰もいないという感じで、まあ、陵辱系がスキでもないという感じなので、陵辱一辺倒なこのゲームはさらに評価を落とす。

それを抜きにしても、つまらなさが1週目以降倍増してプレイに支障をきたす。キャラ自体に魅力がないのと、シナリオがクソすぎたというので大きく終わりを告げるという雰囲気。

特徴

伝統的なエウシュリーからすると結構ダメさが露呈してきた作品。キャラ自体がいい物がほとんどなく、ティリもメインヒロイン格じゃないというのが痛い。もっとのばせばよかったと思うキャラにシルフィエッタとの子供がいたがあれも脇の脇役というかんじで放置されており、もったいないというか、うまく利用できていない感があった。

メーカー
エウシュリー
発売日
2005/09/16
プレイ時間
8日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
75
+5プレイ感は前作というか改善されている気がする
-20よいキャラが居ない。
-10 1週目以降の作業感
-10 シナリオのつまらなさ
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像冥色の隷姫

見終わったら別の次のレビューに送ります

つよきす」です。

Tick!Tack!