夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle

はじめに

昔にPC版クリアしてはいるが

参考画像夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle

夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradleのシナリオ

あれ?こいつらの日常とかどうでもよくね?なんかちょっとうざい・・という感想の流れが結構あります。力を入れようとしているメインキャラクター以外はかなり適当な気がする適当というか実力というか

結構な割合で、あれ?このおんなウザくね?っていう感じの話がある。

他の駄キャラやるならカレン攻略に入れておいた方がいいんじゃないのとおもったりもした。

まあ正直、新キャラも本当に重要な話の中核っていうシナリオじゃなくて、シナリオの設定の補完要素的な側面が強く、結果通りすがりのリースを見て和むゲームになってしまう。

音声

リースは良い。ほかは・・べつに

BGM

昔に聞いてますしね。わるくはないですよ

歌詞のやつは特に昔の当時よりは衝撃受けなかった

我欲

なんか乳のまわりがおかしい

システム

昨今ではまあ普通というか。フルスクリーンに若干レアを見るが

最後までやる価値があるか

意外なことに全部クリアしたら出てくる系にしている。FD扱いでいちいちこんなことをするのも珍しい。どうしてもこういうふうに構成したいのか

メーカー作品中の位置・評価

実際、全部攻略キャラに入れなくていいんじゃないか?と思うところもあるが、入れなかったら入れないでたぶんキレているだろうと思う。

なんでそんな話になるかといえば、魅力度が低いんですよね。絵鑑賞ぐらいじゃないか・・時間の無駄ばなしが永遠続いてプレイ感を損なってる感じはするんですよね。

かといって、地球の連中と月の姫ぐらいで絞って、リース抜かされたりしたらブチ切れ続出だろうから、次回作もオール攻略の路線で行って欲しい。

夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradleの特徴

基本的に、エンド後にどうなったかでまとまってるわけだが、これが非常にどうでも良い扱いになっていて、本編のエンディングのあとのおまけの本人たちがどうなったか?っていう解説の方がもっとマシに熱入れて話してるだろって感じのヌルさというか適当さ。つまり失望感が漂う感じ

さらにエロの方もそれにつかれて適当さが伝搬して適当な絵じゃないのかもしれないけど、そういう絵に見えてきて仕方なくなる。

新規に描いたとか金かけていそうな割には、失敗してるんじゃね?という戸惑を残す。

そして、結局リースに癒されるという一点でこのゲームのすべてが肯定される。

digipeアイコンプレイ時間: 1日
そのゲームを消化するのにかかった時間のこと
digipeアイコンベースポイント(ゲームの潜在能力)
75
digipeアイコンプラスポイント
+10いろいろ新規だが結局リースだったんです
digipeアイコンマイナスポイント
-10大半のキャラの話の内容がどうでも良すぎた。
digipeアイコントータルポイント(最終的な評価)
75

見終わったら別の次のレビューに送ります

夜明け前より瑠璃色な-Brighter than dawning blue」です。

星空のメモリア