えむぴぃ

はじめに

絵に若干クセがあるが、そんなの問題にならないぐらいウマイからやってみろ。

シナリオ

つかみ(序盤)は良いなあ。

所かまわずエロがある。

暗にソフトウェア倫理奇行を批判している。

陸「あ、おしっこ好きということで、僕を勘違いされるか違いますが・・・」

陸「大はかんべんな」

各章で作風が大きく変わる。とりあえず3章はクソってことで・・・

ひたすらエフェクトというかキャラ動かしたり面白絵で楽しませたりするのが目立つ。その労力の割にはいまいちパットしないんだけど

最初の方からいきなりエロが展開されるけど、セックルとかじゃない胸チラとかその辺。こんな感じでソフトエロを挟みつつ決定的なセックル無しでずんずん進んでいくのかと思いきや、ある地点から各章で個別キャラとのセックル話になる。

話の中核は、エロゲらしいといえばそうだが、真性の変態主人公が奇行をしまくるというのを楽しむという。

あまり普通はエロゲでは主人公の性癖(変態せいのある)を固定したりしないわけだが、このゲームでは小便関連で性癖を固定されており、しかも相当な頻度で話に上ってくるという。

ライアーのAngelbulletと雰囲気は似ているがAngelbulletの方は性癖固定ゲームだということがある程度ゲーム紹介欄的な物に前面に出ているが、えむぴぃの場合あまり表には出ていないという具合だ。

まあでもAngelbulletの場合それ以外の性行為では立たないとかいう感じだったので、比較的柔軟に対応できるこのえむぴぃの主人公とはそういう意味で違うので特に前面に出ていなくても(商業的にジャマ)いいのかとは思った。

すごいな、エロゲでエロゲネタが拝めるなんて・・セイバーとか出てきた。

陸「◯鈴ちん、音◯たん、セ◯バーさんに・・・」

「咽び泣く」って何度も言うがこれがメチャクチャウザイ。

雪音はギリギリで良いキャラなんだが、一歩間違えればウザイキャラになっていたと思う。「・・しょ」っていうのはなんかグリーングリーンだったか、その中にいる脇役の男キャラの一人にそんなのが居てすごく被っていて終始思い起こされるのが弊害にある。

冬音との掛け合いは面白いし。てか冬音はネタキャラの皮を被った完璧キャラ。

雪音の猫化は姿形は一切猫とは関わりないのに雰囲気だけで言葉だけ猫化しているのが非序に良い。

基本的なシナリオにおいてメイドオブオナー(大会で優勝)になるというものがあるが、これはほとんど無視されて形骸化して普通に掛け合いのネタに走り出す。

シナリオというか、終始家に引きこもってメイドといちゃいちゃするゲームの傾向が強い。まあ、学園とかいってみたりバイトをしているような事が書かれているがほとんど登場・一切しない。

田端ポッポポッポ!

蒼「ぷっぷくぷー」いや分かっていてももえ死にそうです。ほんとダメですね・・こんなんじゃ・・

真紀をあそこまで持ち上げるんだったら全キャラから1シーンずつ減らして真紀エロ作ってもいいと思う。まあ、いうように本当に没企画からの転用だったらしょうがないが

ばあさん&中年おばさんの絵がうまいなと

ココまでやったのに、もえ的なことがあまりないのが残念と言わざるを得ない。一種カリスマなキャラが皆無なので、感情移入というかキャラへののめり込み度が足りない。出来自体は良いんだが。

ときどきシュガーの亜緒レベルのキャラがいたら相当評価も上がったとおもう。

型にはまらないシナリオは良いが、基本的にはシナリオ(物語)がつまらないというか、ほとんど無い・・難解というのも違うとおもう。まあぶっちゃけメイド要素が近年まれに見る抜き目的のみに使われているという逆にすごい展開だと思った。

戯画の喫茶系でさえ話にはそこそこ意味が絡んでくるけど、このゲームの場合確かに話の根幹はメイドなんだが、合ってもなくても良いぐらい、なんかどうでもいいんじゃないか?みたいな空気が漂っている。

話がダメだということで、もう一つの柱であるネタ・ギャグというところがあるわけだが、これ自体センスが古いというかもう具体的にあがってくる言葉が古いんじゃないか?と言わざるを得ないし、まあこんなところで指摘しなくても分かって居るんだろうけど、こういうのは治すの至難の業だから無理だろうけど。

ネタはまあエロゲ界的にはきわどいやつが何個か出たからそれでOKでいいんじゃないですか?みたいな。

まあ、残念だったのはあんなけネタをムチャクチャやった割にはあまり面白くなかったという点だな。馬鹿やってももう少しこれより面白くなったゲームは結構あるとおもう。

音声

メガネ美優と最低最悪の組み合わせのクソ声優との融合でぴきぴき来てしまい、始めて個別に音声を下げる機能を使ってしまった。まあ主目的は蒼の音声が異様に低くて聞こえづらかったというので仕方なく調整したんだけどおまけで美優を他のキャラの半分以下の音量にしてみた。

これは声優のがんばりが大変大きな影響を与えているゲームですね。

特に雪音冬音の掛け合いはすごい

雪音とこよみがすごく良い訳だが、他が足を引っ張りまくっているので(主に美優)総合的には少し良いかな?みたいな評価になっているのが残念だ

BGM

このメーカーのいつもの音楽レベルからしたらあまり良いところ無いなと

才能の枯れ果てを実感せざるを得ない。過去曲に似たやつもちらほら見るし

歌詞付きも微妙

気長に待ちます

我欲

小茉莉の一回目のエロは、なぜか、パンツ脱がせてなめてたのに、ベッドにいったらはいていた。なんか意味があったんだろうかと思わざるを得ない。ただ、まず全裸じゃなくて裸体に手袋をしていたという事が目に入ってしまいそんなことはどうでも良くなってしまうからみのがしがちだとは思う。

こんなけ小便小便いいながら絵的には、ほとんど何もない。

てか、絵がすげえうまいな。量も多いし、一見クセの多い絵だなとけんえんされがちだとおもうけど、実際プレイしてみればそんなにクセのせいでどうこうというのは無くなる。

モザイク有りで性器に指が入ってる絵でこんなにうまく入ってることが表現できているのは、始めて見たよ。

ツインから解いた姿も描かれるし本当にすごい。

ENDが各キャラ二種類ずつあるけど、アレはすごい無駄な気がする。私服を見せるためだけにやってるのだろうけどそんなのイラねえ。

属性ヒット率が低かったからアレだけど、相当絵がエロイな。美優が消えて黒髪クールでも入ってたらやばかったかもしれない。

システム

エフェクトのウェイト関連の設定が絶妙でいちいちエフェクトオフにしなくてもギリギリいいかなーと思えるぐらいの感じになっている。

これだけ立ち絵がぐるぐる動き回るのにオナニーみたいなウェイトが立ち絵が動くたびに掛かっていたらイライラして確実に他のエフェクトがちょっといいからって見ようとは思わずスッパリ切っているところだが、立ち絵の細かい動きは一瞬で切り替わり移動とかのちょっと大きい動作だけはウェイトとか残像あたりが使われるという感じになっている。

表示されているシナリオの文字列を崩れさせたり弾痕をあけてみたりとあまりエロゲでは見ない良い感じの物が搭載されていたが、それをゲームのシナリオ中に触れていじって自画自賛っぽく振る舞っているあたりがちょっとハナについてなんだかなーとあまり褒める気にもなれなくなってしまったりという効果が出てきてしまっていて残念かな?と

最後までやる価値があるか

シナリオ的にはあまり面白くないのでプレイする気力を失わせるが、相殺するレベルでエロ絵やシチュエーションがすごいので全部クリアするぐらいの気力は残る。

メーカー作品中の位置・評価

狭い視野でこのメーカーだけの試みと思われる物が何個か合った。(シナリオ)これは外れたとおもう

上が外れたので本当に強力なエロ絵陣がいまいちパットヒットしなかったというのが残念だ。

エロゲ業界的にすごいのはエフェクトだと思う。コストがどれだけ掛かってるか知らないが、これだけ動かせたらすごいとおもう。燃えるアクション系(最近じゃいつか、届く、あの空に。)の読み物で使われてたらすごいと思うけど、このゲームはこれはこれで良いのかもしれないが、最大限に効果があったか?といわれると疑問。

正直ネタを面白くさせるのはこのレベルならエフェクトいっぱい(テキストのみで)にしなくてももう少しどうにかなるとおもう。(先陣もそれなりにやってきたし)

特徴

全般的なシチュエーションはなかなか面白そうではある。意外に気づきにくいが、メイドなシチュエーションは結構あったけど、メイドになるための訓練なんてのはあまり無かった気がする。

メイド長とその仲間たちという一団を作るほほえましいゲームと言える。

なんかびみょーに甘やかし属性とお姉さん属性があったりするなあ

空気は良いんだけどどんどん飽きてくる。

非常にシナリオの面白い部分とそうで無い章などムラがある。面白くないと思ったらスッパリスキップしちゃった方がいいかもしれないとさえ思う。

普通のゲームと違うところは、とりあえず全員とやった状態にしたら攻略開始という事か。ベース的には普通の恋愛なんちゃらと一緒なんで、純愛系としては珍しいという感じ。まあハーレムが搭載されているから思想的には誰彼やってしまってもかまわないという事なんだろうけど。

馬鹿ゲー(面白さ)としてはいまいちなんだけど、雰囲気がすごい良い馬鹿ゲーだな

アラレちゃん的面白さかな

作品の雰囲気を顧みずメチャクチャやって背水の陣な感じだった割にはそこまで面白くなかったという残念なゲーム。

メーカー
ぱれっと
発売日
2007/02/23
プレイ時間
5日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
70
+20絵とシチュエーションはすごい
-10シナリオが半ば放棄されているメイドとかどうでも良い要素になっている
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像えむぴぃ

見終わったら別の次のレビューに送ります

潮風の消える海に」です。

Chu×Chuアイドる