復讐の女神-Nemesis-

はじめに

パレットの前作は、なかなか良かった。

シナリオ

はじめの雰囲気は、結構安っぽくて引いてしまった。それも、進んでいくうちに何らかの良い部分が見えてくるかと大いに期待していたが痛々しい会話とくだらない謎解きゲームが始まり、笑止した。

全体を通してのシナリオと呼べる物は、文字列の表現だけにとどめておけば、また評価も変わったかもしれないが、いかにせん、痛い謎解きゲームが挿入されるのがダメ。そのゲームが小難しくなっていたら評価は地に落ちただろうが、そこは、比較的簡単にできており、誰にでも前に進めるようには出来ていたのが良かった。

悪い事だけ書いた気もするが、本筋のシナリオ部分については、そう悲観する物ではなく、むしろ面白いと思ってもらってかまわない。推理?ゲーム部分に出てくる文字列などが吐き気を催すという事がなにより苦痛。

音声

目立って悪い部分もなかった。ほめる部分もない

BGM

ちょっと古くさい感じが否めないMIDIを聞いているのかと錯覚する。

我欲

抜きげー部分というか、抜きげーと言ってしまっても良いのかもしれない、その他の部分が余り面白くない、エロ部分はかなり投げやりで、ここに置いておくので自由に使ってくださいと言わんばかりに、話との絡みも皆無。ただ、量が比較的多いので、そういう物で満足感を得られる人は良い物だったのかもしれない。

システム

落ちたり不具合があったわけじゃないが、最低だと思う。

ゲームはつまらないし、スキップ処理はおかしいし(主に遅い)。不具合ではないかと思うがひどかったと言う事にしておきたい。

特徴

推理ゲームっぽく仕立てているが、そのゲーム部分が足かせで、くそつまらないしストレスを増長させるだけのカスであることは、まちないなかったが、本筋のシナリオ部分だけを取ってみれば、そう悲観する物ではないし、むしろ面白かったと思えるかもしれない。

また、エロが豊富。質については余り良い物ではない感じがした。スキップしたし。導入部分が作業的でアンアンいっているだけの印象。

メーカー
ぱれっと
発売日
2003/04/25
プレイ時間
7日
CD
入れずにプレイ可能
BGM
CDオーディオ
スキップ
既読あり
アンインストール
 
CDを入れずにアンインストール可能
バックグラウンドでの動作
CPU利用率100%ではない
攻略参考
http://fabledland.main.jp/

見終わったら別の次のレビューに送ります

十六夜れんか」です。