子羊たちの楽園

はじめに

メインヒロインがよくわからん。

シナリオ

なんか微妙な話が多い。悪い意味で。まあ、簡単に言うと面白くないというか、よくあるエロゲ展開に寸分違わず沿っているようなシナリオだった。それ故に、とくにあらがあるわけでもないけど、まーそんなに面白くはない。

良い点は、キャラの立ち方が、無理矢理感も否めないけど、結構立っていたという感じ。まあ、男らがよかったのも声有りの影響もあるんだろうけど。

7割くらい抜きゲーっぽくなってる。シナリオが大したこと無かったから、抜きゲー呼ばわりしているだけで、べつに言い事じゃない。

まあ、なんといっても、双子が攻略対象じゃないという訳のわからないゲームだ。ティナに至っては他の男キャラに惚れているという致命傷が、レイナはなんか頭のおかしいってやつだけで、何の救いもなしに放置されているキャラという感じがしまくる。

それに、メイドも無視されている。タダでさえ攻略対象が少ないのに、登場キャラ全部攻略対象じゃないというのはどうなってるのだ?制作が順調に行われなかったと勘ぐりざるを得ない。

音声

クレアの一見棒読みっぷりが良い。

BGM

普通よりは、落ちる。嫌悪感はないがそれなり。

我欲

クレア以外はダメかもしれない。しかも、クレアも声が良いというだけで、ほかは・・という感じ。壺に来る絵が4枚くらいあって他はみんなどこか外れているような物ばかり。

シナリオもそこまでよくないし、抜きゲーといわれれば、ちがうわけで、評価は悪循環。

システム

あんまりいいとはいえない。機能的なアラがある訳じゃないが、他の基本要素というか速度というかモッサリというか見えにくい部分で良くない感じ。

最後までやる価値があるか

何のひねりもないし、3人だけが攻略対象。順番が決まっているわけでも、隠しキャラがあるわけでもない。

ただ、読むだけならすぐ終わりそうだ。

メーカー作品中の位置・評価

大したことはない。クレア声が気になるくらい。

特徴

評価できるのは、クレアの声だけ。あとは、多少絵がいいかもなんて思わないとやってられないという感じ。

シナリオは序盤中盤良さそうに思えて、すごく浅い。ファンタジーで学園物みたいな物。キャラがファンタジーっぽいシナリオ的意味は皆無。彼らが魔法とか剣とか持っていても、やっている中核シナリオはモロテンプレート学園物。にちょっと毛が生えた程度。(魔法とか剣とか意味無いと思われないように繕った見たいな感じの)

メーカー
イグニッション
発売日
2005/02/25
プレイ時間
6日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
50
+10クレアの声いい
-10攻略対象の不備
-10シナリオが大したこと無い
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像子羊たちの楽園

サイトでレビューした イグニッション 作品一覧

子羊たちの楽園

見終わったら別の次のレビューに送ります

マジカルウィッチアカデミー~ボクと先生のマジカルレッスン~」です。

秋色恋華