南国ドミニオン

はじめに

巣作りドラゴンは面白かったから

シナリオ

本当にシチュエーションのみ。タイトルである南国ドミニオンにも別段不快意味はないし、記憶喪失である事も単なるゲームがうまく回るための方便ぐらいにしか思えない。

中途半端に現実的なためにかなり萎える要素がある。こんなことなら普通に魔法とか剣とかのファンタジーにすれば良かったんじゃないか

音声

まあ普通。音割れが気になった箇所もあった。(システム音)

マウスカーソールを当てておくと説明文章がでるが、それを音声で読み上げてくれるというのが、このメーカーの伝統ではあるが、なぜか中途半端に再生されない説明文もあったりするのが多少萎えた。

BGM

普通の出来ではあるが良いとは思わない。

我欲

今回は絵もどうかと思う出来で、顔の作りは結構普通なんだけど体特に裸体がなんかぐにゃぐにゃしていて萎えまくった。このメーカーの作ったゲーム、巣作りドラゴン、レベル・ジャスティスと比べても最低ではあると思う。

システム

評価出来たのは、2週目への引き継ぎがあると言う点だけ(だが、縛りがあってあまり良いとは思えない。)。スキップが中途半端に解除されないのは伝統的に評価点。(巣作りドラゴンから?)

また、絶大な作業感が追加された節がある。巣作りドラゴンではそんなに感じなかったが、これはほとんど作業だけの気がする。

最後までやる価値があるか

死亡者を出さなければ1週目からすべてのキャラクリア可能である。という点がいい。はっきり言って2週目は無理、無条件で技術もろもろが丸ごと移管されるわけじゃないし、情報を集めるのにもかなりの作業が必要で繰り返そうとは思えない。

死亡(勝手に脱出)を出さなければという条件付きだが、1週目で全キャラクリア可能という設計はいいとおもった。しかし、勝手に死んだり脱出するとかなりまずい。この点は無ければいいのにと思った。

1週目ですべての事項をやり遂げられるなら、最後まで(全キャラクリア)やっても良いと思うが、別にシナリオが面白い物が用意されているわけじゃないし、もうダメだなつまらないとおもったら放り投げても良いと思う。

面白いシナリオが用意されているわけじゃないので・・

特徴

いいなーと感じる部分がない。(過去作品と比べて)

シナリオは特に考えている訳じゃないし面白くない。シチュエーションだけという感じ(シチュエーション自体も何のひねりもなくつまらない。)

絵もなんか裸体の作りが変だしあまり良いとは思わなかった。

ゲーム自体も、作業丸出しで大変だった。2週目はプレイは不可能だと思った。

メーカー
ソフトハウスキャラ
発売日
2005/02/18
プレイ時間
2日
CD
入れずにプレイ可能
BGM
CDオーディオではない
スキップ
選択肢後自動スキップあり
既読あり
アンインストール
CDのアンインストーラを利用しないとアンインストールできない
バックグラウンドでの動作
CPU利用率100%ではない
攻略参考
http://www.geocities.jp/uratamaken/
http://www.aselia.net/
参考画像南国ドミニオン

見終わったら別の次のレビューに送ります

SEVEN-BRIDGE~セブンブリッジ~」です。

マジカルウィッチアカデミー~ボクと先生のマジカルレッスン~