忍流

はじめに

体験版やっていてもそこそこの期待程度で収まる出来

参考画像忍流

忍流のシナリオ

基本、いつものキャラの主人公が同じように誰彼かまわずやりまくって、それでも見捨てられないでモテるゲーム。

そして、裏設定があって・・という基本路線は完全に押さえてあります。

もちろん寝取られのたぐい話で、完全独占仕様も健在。

音声

毎回これは!という特徴のある一言を残す可能性の高いゲームを排出しているキャラのゲームですが、今回はそこまで目立った音声はないわけですが、一応あって「にゃー」というどうでもいいゴミキャラがそんな感じで耳に付きまくります。

BGM

あんまり印象にない

我欲

いつもの感じのがいっぱい。しかし、キャラが今回よわげだから・・。とおもったけど「ホタル」がなかなか飛ばしている感じのキャラだった。あんまりメインを張るような感じじゃないのに、一緒に暮らしていく打ちになんかすごくなってきた。

基本的に、ホタルが相当初期に入るから中期後期から入ってくるやつは結構残念な感じは受ける。

エロは獣人らがかなりいい。

システム

全体的なシステムとしては結構良くできているとはおもう。

しかし、細かいところでシステム的にイベントフラグが詰まるような不具合があったような感じを受けたのは残念なところだった。

この便利UIが無ければ、こんなに評価たかくなかったなーという細かい便利な操作が少しあってよかった。

最後までやる価値があるか

ターン制だが、ほとんどターンに縛られない運用が可能ですごく自由にできるのがいい。

突然選択肢が出てきて、最初からそこまでやり直したり・・とかそういう苦労はない。

メーカー作品中の位置・評価

キャラという名前とは反して、最近これはというキャラクターの創造があまり出来ていない印象がある。そこらへん残念だ

忍流の特徴

さっくり周回するような作りなので、一周のコストは結構小さめ。プレイ感は相当良い

digipeアイコンプレイ時間: 3日
そのゲームを消化するのにかかった時間のこと
digipeアイコンベースポイント(ゲームの潜在能力)
80
digipeアイコンプラスポイント
+10ゲーム自体はそこそこだったが、キャラゲーの安心感はまだあった。
digipeアイコンマイナスポイント
-10キャラクターが弱い。期待値的に
digipeアイコントータルポイント(最終的な評価)
80

見終わったら別の次のレビューに送ります

輝光翼戦記 天空のユミナ」です。

コンチェルトノート