終末少女幻想アリスマチック

はじめに

絵がいいなーと思っていざゲームはじめたらのっぺりさんでワロタ

シナリオ

小夜音=下乳魔人

伊織=女ヤンキー

話が微妙につまらないんだよな。属性的には合致してる部分が多いんだけど、なーんか話(シナリオ)を聞いていられない・・

これはまあぶっちゃけつまらない部分なんだろうと思うけど・・あまり認めたくはないですね。

世界の危機とかいってちょっと痛々しいんだ。初っぱなから飛ばしていきなり世界の危機登場!って感じになっている話の副作用だと思うんだけど、

世界の危機って割には、まったり度合いは半端無いんだけどね。そこらの学園物のゲームよりまったりしているんだよな。

というか、世界の危機なのに学園都市・・とか・・え?学園?なんで?見たいな、もうちょっと政府機関は本気出した方がいいんじゃないかとおもう。洋館っぽいのだけは認めるけど学園機能はいらねえだろうと

導入から突然世界の危機から始まっちゃったから、世界の危機と同時進行で平和時のまったり進行も兼ね備えてしまったのか?という疑問も浮かぶ

小夜音は典型的なキャラ像からはちょっとだけはみ出ている感じがする。お嬢様世間知らず属性っぽいけど、そういうことはなくてコスプレなんて言葉もしっているし、自らがコスプレっぽい格好をしていることも認識していて、それが他人にどのように思われているか(奇行)をちゃんと理解しているという設定というのが微妙に斬新だったりする。

それに伊織も一見無口属性っぽくあるが、声の音程が低いだけでしゃべりかけるし普通に会話に絡んでくる。まあこういった議論は本編中でも話されていたりするから故意にやったんだろうが、良いアクセントになっているとおもう。しかしそれ以外のキャラはガッチガチのテンプレ的な性格であるから、バランスも取れていいんだろうか。

まあそういう設定だからって、何か大きく面白いのか?と聞かれれば別にそんなことは一切無くある種スルーされてる部分もあったりして悲しいんだが、それでもまあまったり見届けてニヤニヤするぐらいはある。

基本的に全体が、エロゲ都合の大オンパレードなんだなと

それだけならいいんだが、燃える系デモンベインみたいに盛り上がってくれればそんな事をいちいち言わなくてもいいんだろうけど、盛り上がるところで一切盛り上がらないというのが本当に致命傷なんだなと思った。

觀興寺 六花 より 小鳥遊 圭の方が設定的にも明らかにヒロイン旧だと思うんだが、上泉 信綱と無理矢理くっつけて見たりするのはちょっとどうかと思うんだけど・・。

音声

これと言って強力なキャラが居る訳じゃない。

安心して聞けるとかそういう次元

BGM

悪くはないが良くもない。

我欲

最近あまり見かけないような気もするが、すごい小技で今更アレだけどエロシーンに♥が入りながら喘ぎ等がされてると陳腐だがちょっといいなと思った。

驚くべき事にやることはちゃんとやっているという点だ。まあいわゆる全員エロ有りという事なんだが、空気的にこいつエロ無いんだろ・・っちって感じでプレイしていたにもかかわらず、シナリオ的に無理があったといえばそうだがとりあえず全員エロ有りにしたのは評価できる。

服がエロイんだよな、顔の塗りがなんか違和感があることが多いけど(ココが結構致命的だったりするのだけど)その他の部分での破綻はほとんど見られない。

システム

選択肢を戻れるのは便利だったな。

エピローグをめんどくさそうなやり方で各キャラコンプさせる手法はどうかとおもう。

最後までやる価値があるか

基本的には全員攻略することが進められる。

結構長いし大変だけど、放棄するほどではないという微妙な線をいったり来たりして大変だがそれでもやっぱり放棄するにはおしいという出来でもある。

各キャラ自体はエロが薄いが、とりあえず全部のキャラにエロがあるという点で評価できるし、そういう意味ではプレイ放棄回避のカンフルにはなるとおもう。でも、そんなにいいタイミングでエロがある訳じゃないけど

メーカー作品中の位置・評価

ライターは別のひとなのかもしれないけど、あえかなる世界の終わりにに結構路線は似てる。

終末少女幻想アリスマチックって名前がダサイから本当にそんな話なのか?みたいな風に思ったけど、思い返すとそういう風になっている話だった。

特徴

坂道のように徐々に面白くなってくる。序盤は本当につまらないので誤解を生じる可能性がある。

基本的にはキャラがいいゲームであり、世界を救うとかその辺の話が面白い訳じゃない。だから世界を救うとかその辺の過度の期待は禁物である。

面白いのは一見英雄とか勇者な主人公展開になるのかと思ったけど、単なる性格のいいすごく強いイケメンレベルでとどまっているのが面白い。

凡人の作った世界系って印象が強い。世界観自体はデカイけど、なんかそのでかさがいまいち体感出来ないというか・・まあたぶん世界崩壊の危機という割にはそのほのぼのぶりが尋常ではないという点であろう。

んーなんて言うのかな、説明描写は良いがそこを土台に燃えさせるという部分が足りないつーのかな?やっぱ戦隊物みたいなベタベタなちょっとやられてみたりするというアクションが必要なんだなと思った。

メーカー
キャラメルBOX
発売日
2006/10/31
プレイ時間
11日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
85
+10なんだかんだ居て魔法ファンタジーや世界系がスキなんだ
-10入り込みというか感情移入というかが足りなかった燃え成分あたりかも
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像終末少女幻想アリスマチック

見終わったら別の次のレビューに送ります

めがちゅ!」です。

おたくまっしぐら