鬼魂

はじめに

絵は良いのもあるかもしれないけど、ほとんど変なのばっかりだ。そもそも癖がつよいのか

シナリオ

なんか微妙に2ch用語というか2chの言い回し入ってる。深琴は2chネラーってことなのか

好みのシナリオか?とも思ったけど、極浅いシナリオでそんなに面白くはなかった。

散発的に主人公に宿る鬼が陵辱していったりして、ヒロインに対する感情移入も何となくそがれていくし

まあ、ご都合な強力ハッピーエンドが無いのは特色かもしれないけど、べつにあってもなくても面白くないことには変わりなしという感じがする。

結局は、主にバッドエンド調のエンドを楽しむシナリオではある。

ハッキリ言って、各種ちりばめられたキーワードなんて微妙にそそられるけど、一切面白いことはなく底の浅さが露呈してしまうだけで大したこともない。

音声

芽衣の声が委員長とかメガネいつもやってるやつがやっていてちょっと違和感があったが隠れメガネだったのか・・。この人も使われすぎでやっぱダメだよな。私的にはメガネっこ属性は反属性に位置するので、基本的にその辺の声優はうざく感じることが多い。

BGM

エンディングは似合わないぐらい結構良い。べつに褒め称えるぐらい言い訳じゃないけど意表を突かれたみたいな感じ

我欲

消しが大きくてうざく感じるなんてのは極まれだが、この作品では強く感じる。というかなんか手でやってるところが思いっきり消されてて気になるというか見たいというかジャマなんです。

まあよくあるけど、みんな貧乳貧乳いってるけど真性の貧乳はネコ以外はいない。

システム

お世辞にも良いとは言えないけど、最低限はまあ何とかという感じ。ただしスキップはちょっと早め(べつに特記するほど早くはないが)だしまあいいかなとかそんな感じ

最後までやる価値があるか

まあ、シナリオの薄さ的には別に特定キャラだけやって放棄しても問題ないぐらいのものだし、陵辱避けてプレイしても問題ないかなとか、でも陵辱ありなしで分けるのも面倒なくらい入り組んであるから、それも望めないかもしれない。

メーカー作品中の位置・評価

音楽で多少引っかかる物の(質が良いかも?的な中途半端な評価)作品の全体総じてレベルが低いのでダメかなとかいう感情の方が大きい。

特徴

なんというか、全体的にレベルが低い。絵もなんか気持ち悪い感じを捨てきれないし、シナリオも悪くはないけどどこかぱっとしない感が結構あるし、音楽もショボイ感じが捨てきれない。良い感じがするところも結構あるけど、ダメなところも相応にあるという感じで、しかもそれが全体的にそういった風潮である。

メーカー
Berkana
発売日
2005/01/21
プレイ時間
1日
かなり適当に経験とカンだけで点数化
60
+5ちょっとエンディングの曲がよかったかも
-5ちょっとした不具合があった
攻略参考
http://www.foolmaker.net/
参考画像鬼魂

サイトでレビューした Berkana 作品一覧

鬼魂

見終わったら別の次のレビューに送ります

Like Life 氷庫版」です。

何処へ行くの、あの日お返しディスク